初心者向け

ドメインパワーは上げられる!ドメインパワーのチェックの仕方・上げ方を徹底解説!

ドメインパワーは上げられる!ドメインパワーのチェックの仕方・上げ方を徹底解説!

 

こんな方に読んで欲しい!

  • ドメインパワーについて知りたい!
  • どうすればドメインパワーを上げられるか知りたい!
ドメインパワーってなに?

ドメインは、例えばこのインターネットビジネスラボであれば「iblab.net」です。

URLの「https://」の後ろだと思ってください。

 

取得したばかりのドメインは「パワー」を持っていませんが、RPGのようにレベル上げで「パワー」を強化することができます

今回の記事では、「ドメインパワー」について、裏技も含めて徹底解説します!

 

1. ドメインパワーとは?

Question

ドメインパワーとは、名前の通り「ドメインの持っている力(ちから)」のことです。

もっと詳しく言えば、「あなたのWebサイトが、検索エンジンからどのくらいの評価を得ているか」を数値で表したものです。

 

ドメインパワーは「ドメインオーソリティ」「サイトパワー」と呼ばれたり、「サイトの権威性」と表現されたりします。

0~100までの数字で表され、言わずもがな数値は高い方が「ドメインパワーが強い」ということになり、検索エンジンから高い評価を得ていると考えることができます

 

ドメインパワーの数値は、

  • 被リンク(外部からのリンク)の数
  • 運用歴
  • 管理ページ数
  • Google検索エンジン対策がされているかどうか など

を総合して算出されます。

ただし、詳細な算出方法は非公開とされているので、詳しいことはわかりません

結果として、ドメインパワーの数値を確認することができるだけです。

 

2. ドメインパワーを上げる2つのメリット

Thumbs up

ドメインパワーを上げることによるメリットは、大きく2つあります。

 

2-1. メリット① 上位に表示されやすくなる

「ドメインパワーが強い = 検索エンジンからの評価が高い」でしたね。

例えば、あなたのブログと誰かのブログに、似た内容の記事があったとします。

記事自体の評価が五分五分だった場合、ドメインパワーの強いサイトの方が検索上位に表示されることになります。

 

2-2. メリット② インデックスされやすくなる

「インデックスされる」とは、Googleなど、検索エンジンが情報収集をする「クローラー」と呼ばれるプログラムがWebサイトを巡回し、検索エンジンのデータベースに情報を登録することを言います。

当たり前ですが、検索エンジンのデータベースに登録されなければ、検索結果に表示されることはありません。

 

そしてこのクローラーは、ドメインパワーの強いサイトほど頻繁に訪れると言われています。

 

例えば、あなたがブログ記事を公開した直後、誰かがコピペし、記事として公開したとします。

検索エンジンは、先にインデックスされた方を「オリジナル」と判定します。

 

仮に、あなたのドメインパワーが弱く、インデックスが遅れると、コピペして公開した方が「オリジナル」と判定されてしまう可能性もあります。

ドメインパワーは、強いに越したことはありません。

 

3. ドメインパワーの調べ方

では、実際にあなたのブログのドメインパワーを調べてみましょう!

もし、まだにブログを立ち上げていないようであれば、いつも読んでいるブログのドメインパワーを調べてみてください!

 

3-1. パワーランクチェックツール(アクセスSEO対策ツールズ)

パワーランクチェック―ル

アクセスSEO対策ツールズが提供するツールの1つが「パワーランクチェックツール」です。

「ドメイン」と書かれた枠の中に、ドメインを入力して「チェック」をクリックするだけでOK!

国産ツールのため、日本語で表示される点も使いやすい理由の1つです。

ここがポイント!

  • パワーランクチェックツールの利用は1日1回まで
  • AJID登録&メルマガ購読で1日3回まで利用可
  • 取得したデータは1週間キャッシュ(つまり、取得から1週間以内は同じデータが表示される)

 

3-2. MOZ

MOZ

SEOで有名な「MOZ」が提供するツールの1つに「Link Explorer(リンクエクスプローラー)」があります。

これのツールもドメインを入力して「Get free link data」ボタンをクリックするのですが、次の画面でメールアドレスなどを入力しなければならない点がどうにも面倒です。

 

3-3. ドメインパワーを調べる際に気を付けること

各ツールは、それぞれの提供会社が独自に算出ているので、数字が多少前後します。

例えば、東京大学のWebページのドメインパワーを調べてみました。

 

東京大学ドメインパワー(パワーランクチェックツール)

パワーランクチェックツールで東京大学のドメイン「u-tokyo.ac.jp」を調べると、パワーランクは「83.3」でした。

ちなみに、京都大学「kyoto-u.ac.jp」は、83.2でした。

 

東京大学ドメインパワー(MOZ)

パワーランクチェックツールで東京大学のドメイン「u-tokyo.ac.jp」を調べると、ドメインオーソリティ(=パワーランク)は「87」でした。

ちなみに、京都大学「kyoto-u.ac.jp」は、84でした。

ここがポイント!

個人ブログならば30以上あればかなり「強い」と言えます。

ブログを始めたばかりのころは「0」の場合もあります。このドメインパワーは、地道にレベル上げする必要があります。

 

4. ドメインパワーの上げ方と注意点

ドメインパワーは上げられます。

RPGのように、1レベルずつ地道な努力が必要ですが、だからこそドメインパワーには価値があるのです。

特に意識すべきは「記事の質」「被リンク数」「実績」です。

 

4-1. SEO

SEO

最初の方で、ドメインパワーとは「あなたのWebサイトが、検索エンジンからどのくらいの評価を得ているか」を数値で表したもの、と書きました。

SEOの強化はドメインパワーの上昇に直結します。

SEOは、かなり奥が深いです。SEOに関する情報は、「SEOは、ほぼGoogle検索エンジン対応!SEOの基本と勉強方法を徹底解説!」の記事で解説しています!

 

4-2. 被リンクを獲得する

Arrow

ドメインパワーは、被リンクの数に大きな影響を受けると言われています。

「被リンク」とは、外部のWebサイトから、あなたのWebサイトに張られたリンクのことです。

 

昔はどんなリンクでもOKで、単に数だけで評価していたのですが、現在は例えば、

  • お金で購入したリンク(対価を支払ってリンクしてもらうこと)
  • 価値のないWebサイトからのリンク

などは、意味がありません。評価されないんです。

 

単なる被リンクではなく「優良な被リンクを増やす」ことが大切です。

もっと簡単に言えば、SNSや他の人のブログで多くシェアされることが大切です。

あなたがシェアしたくなる記事はどんな記事ですか?

 

読者に支持される、質の良い記事を提供するという大前提を地道にクリアしていきましょう。

 

4-3. 長期間運営をする

さきほどの東京大学「u-tokyo.ac.jp」の結果を、もう1度見てみてください。

右端を見てみると「ドメイン年齢」という項目があり、最古データが24年3カ月前となっています。

つまり、東京大学は今のドメインでWebページ運用し始めて24年3カ月経っているわけです。

 

ここにわざわざ表示してあるということは、ドメインパワーに影響を与えることは明確でしょう。

Webサイト(ドメイン)の運用実績が長いと、ドメインパワーは強くなりやすいです。

すぐに結果を求め過ぎず、地道な運営を心がけてください。

 

4-4. 記事数・文字数を増やす

many books

記事数もドメインパワーを左右すると言われています。 

ですが、単に記事数だけが多いだけではNGで「質の良い記事の数」を増やすことが前提条件ですね。

質の良い記事が増えれば、「読者の満足度」が上がます。

結果として、「滞在時間」が伸び、「直帰率」が下がり、「被リンク」の数もそれに合わせて上がり、ドメインパワーも上がるのです。

 

4-5. ブログデザインに気を配る

Web design

ブログのデザインそのものにドメインパワーを上げる要素はありません。

記事(コンテンツ)の質が良いことは大前提ですが、

  • Webサイト(ブログ)内を回遊できるように動線が設定されている
  • あなたが見せたい記事(コンテンツ)へのリンクがわかりやすく設定されている
  • 読みやすい文字色、文字サイズ、背景色、装飾、スムーズなスクロール、ページの読み込み速度などが設定されている

など、デザイン面で様々な工夫がさえれていれば、多くの記事が読まれることとなります。

結果として「滞在時間」が伸び、「直帰率」が下がり、「被リンク」の数もそれに合わせて上がり、ドメインパワーも上がることになります。

ここがポイント!

 

4-6. 中古ドメインを購入する

裏技的な方法ですが、速効性は抜群です!

既に運用実績がある中古ドメインを購入することで、新規ドメインに比べてドメインパワーが強い状態でブログをスタートできます。

アクセス中古ドメインでは、千円台から購入可能です。

 

ただし、中古ドメインならば何でもよいというわけではありません

かつて運用されていた時の良い面も悪い面も引き継ぐので、見極めは慎重に行ってください。

 

購入時には被リンクがたくさんあったとしても、リンクを張ってくれていた運営者がリンクを削除することもあります。

購入後にドメインパワーを維持したり上昇させたりするのは、あなたの運営力にかかっています

 

ここに注意!

現在は中古ドメインの購入はドメインパワーを獲得するのに有効な方法です。

ただ、ユーザーファーストを掲げるGoogleはこの方法を「ユーザーのためにならない」と判断するかもしれません。

そうなれば、将来的には対策に乗り出す可能性もあるでしょう。

 

 

5. まとめ:ドメインパワーは上げられる!

ドメインパワーとは、あなたのWebサイトが、検索エンジンからどのくらいの評価を得ているか」を数値で表したものでしたね。

個人ブログならば30以上あると「強い」とみなされます

 

いきなりドメインパワーを上げることはできません。

1レベルずつ、地道にレベル上げをする必要があります。

重要なのは、質の良い記事(コンテンツ)、運用実績、そして被リンクの数ですね。

日々の積み重ねが、ドメインパワーの強いWebサイト・ブログを作るのです。

\参考になったらポチッとお願いします!/

-初心者向け
-, , ,

© 2021 インターネットビジネスラボ