ブログを収益化する方法

稼げるブログジャンルはこれだ!収益化できるジャンルの決め方を徹底解説!

稼げるブログジャンルはこれだ!収益化できるジャンルの決め方を徹底解説!

こんな方に読んで欲しい!

  • ブログでどんなジャンルを選べばよいか知りたい!
  • ジャンルの選び方を知りたい!
  • 気を付けるべきことを知っておきたい!
稼ぎやすいブログのジャンルってある?

あります!「稼ぎやすいジャンル」と「稼ぎにくいジャンル」

結論から言えば、「検索している人数」と「広告単価」が重要で、この2つの要素で稼げるか稼げないかが決まります。

 

初心者がブログを収益化する場合、

  • アフィリエイト(広告)で稼ぐ
  • Googleアドセンスで稼ぐ

この2つの方法が、ハードルも低く始めやすいのですが、今回は「アフィリエイト(広告)」にフォーカスして解説します。

今回の記事では、ブログの種類とジャンル、選び方、実際に稼げるジャンル3選を徹底解説します!

 

\記事を読む前にクリックで応援してください!/

1. ブログの種類は大きく分けて2つ

左右分かれ道

ブログ、大きく分けると「雑記ブログ」と「特化ブログ」の2種類があります。

1-1. 雑記ブログとは?

雑記ブログとは、特定のジャンルにこだわらないタイプのブログです。

イメージとしては雑誌のような内容のブログです。

幅広い範囲の内容を取り扱うので、多くの人に興味を持ってもらえる可能性が高い点が特徴です。

ここがポイント!

Twitter、Instagram、facebook、LINE、TikTokなどのSNS相性が良いです。

雑記ブログは、記事を書いて放置したまま稼ぐのではなく、常に最新情報やトレンド情報をキャッチして記事に書き、SNSから流入させて読んでもらうことで収益化した方が、稼ぎやすいです。

 

1-2. 特化ブログとは?

特化ブログとは、特定のジャンルのみを取り扱うブログです。

イメージとしては専門書のような内容のブログになります。

狭い範囲の内容を取り扱うので興味を持ってもらえる読者の数は雑記ブログより少なくなります。しかし、特定の内容に特化しているため、記事の内容をしっかり読んでもらうことができます

ここがポイント!

特化ブログは、SNSで一時的な流入を得る方法ではなく、Google検索で上位に表示させ、長期的に流入を得る方法の方が相性が良いです。

記事の内容が特化している分、雑記ブログより検索エンジンからの評価が高くなりやすいというメリットがあります。

もちろん、定期的な記事のメンテナンスは必要ですが、一度記事を書いてしまえば基本的には放置したままでも稼ぐことができます。

ただし、すぐに結果は出ません。収益化まで半年~1年くらいは時間がかかります。

 

2. 特化ブログを深掘り!ジャンルの決め方

方位磁石

雑記ブログは、言うならば書くことはなんでも良いです。

時事ネタ、流行り、趣味、生活など本当になんでも良く、それに合う広告があればOK!

ただし、そういった生活関連の広告は、単価が低めなのが難点です。

特化ブログは、選び方を間違えなければ、雑記ブログより稼ぎやすいです。

ここからは特化ブログについて深掘りしていきましょう!

まず、特化ブログのジャンルを決める時には、以下の3点を意識しておきましょう。

  • 広告が存在するジャンルか?
  • 需要(ニーズ)があるジャンルか?
  • 競合が少ないジャンルか?

 

2-1. 広告が存在するジャンルか?

ブログで稼ぐためには広告が存在している必要があります。

記事を読んだ読者が、記事に貼られた広告を利用することで収益が得られるからです。

「広告がないジャンル」や「広告に結びつけにくいジャンル」だと、どれだけ記事が読まれても収益化できません。

どのような広告が存在しているかは、ASP会社で確認できます。

ブログに掲載できる広告が、ジャンル別に分けられているので、書いてみようと思うジャンルにはどのような広告があるのかを確認しておきましょう。

さらに詳しく!

 

2-2. 需要(ニーズ)があるジャンルか?

ブログで書く記事のジャンルの「需要(ニーズ)の大きさ」は、稼ぎやすさに大きく影響します。

需要があるジャンルの記事は、当然、「記事を読んでみよう」と考える読者も多くなります。逆に、需要のないジャンルでは読者は少なくなります。

単価が同じであれば、利益額は需要(ニーズ)に比例します。

あなたが書こうと思っているジャンルは、需要(ニーズ)がどのくらいあるか確認しておきましょう。

さらに詳しく!

 

2-3. 競合が少ないジャンルか

ブログで書く記事のジャンルの「競合」も確認しましょう。

競合するWebサイトが多ければ、Google検索で上位に表示させることが難しくなります。

つまり、Google検索からの流入が期待できず、読者が増えず、結果として収益化が難しい、という状況になります。

逆に、競合が少なければ、Google検索で上位に表示させることもできます。

取り組んでみようと考えているジャンルに、どのくらいの数の競合サイトがあるのかを確認しておきましょう。

さらに詳しく!

 

3. ブログのジャンル選びの注意点

注意

ブログのジャンルを選ぶ時には、以下の5点に注意しておきましょう。

  1. 「書きやすいジャンル」「好きなジャンル」が稼げるとは限らない
  2. ゲームジャンルは広告単価が低い
  3. YMYLジャンルは検索上位表示が難しい
  4. 化粧品や健康食品ジャンルでは薬機法を意識する必要がある
  5. 稼げるジャンルは資金力のある企業が本格的に取り組んでいる

適当にブログのジャンルを選んでしまうと、ブログが収益化できるまで時間がかかります。

数年かけてブログに取り組んでも、利益が月に10,000円も出なくて挫折する人も多いです。

特化ブログの収益化には時間がかかります。

焦ってブログのジャンルを決めるのではなく、しっかり時間をかけて分析し、書き始めることをおすすめします。

 

3-1. 「書きやすいジャンル」「好きなジャンル」が稼げるとは限らない

「書きやすいジャンル」「好きなジャンル」は、コンテンツ(記事)を継続して書きやすいというメリットがあります。

定期的にブログにコンテンツ(記事)を投稿することは、SEOから見ても有効なことなので、稼ぎやすくなると言えます。

しかし、記事の量だけでなく、「収益に結びつくかどうか」という視点を忘れてはいけません。

収益に結びつかない記事を1,000記事書いたとして、それが数年後に急に収益化されるか?と言えば、そんなことはありません。

稼ぐことが目的なのであれば、書きやすいジャンルや好きなジャンルから選ぶのではなく、収益化が可能なジャンルから選ぶことが重要です。

 

3-2. 具体例①ゲームジャンルは広告単価が低い

ゲームジャンルで掲載できる広告のほとんどは、広告単価が低いです。

ゲームジャンルで掲載できる広告は、

  • ゲーム自体を売る物販広告
  • ゲームアプリのダウンロードによるアフィリエイト広告

です。

例えば、Amazonアソシエイト・プログラムでゲームソフトを販売する場合の紹介料率は2%です。

記事の広告を経由して5,000円のソフトを販売した場合の報酬は、5,000円×2%=100円になります。

また、ゲームアプリのダウンロードでも報酬は数百円程度です。

広告単価が低くても数が稼げれば収益化は可能ですが、広告単価が100円なら月に100件成約したとしても100円×100件で10,000円にしかなりませんね。

 

3-3. 具体例②YMYLジャンルは検索上位表示が難しい

YMYLとは「Your Money or Your Life」の略です。直訳すれば「あなたのお金」か「あなたの人生」になります。

YMYLジャンルは、Googleが特に評価を厳格にしているジャンルです。

お金や健康にかかわる情報は、人の人生や命にかかわるので、他のジャンルと比べると検索で上位表示することが難しくなっています。

YMYLジャンルは以下のようなものになります。

  • News and current events:ニュース記事や公式情報
  • Civics, government, and law:法律
  • Finance:金融
  • Shopping:ショッピング
  • Health and safety:健康
  • Groups of people:人種・宗教・性別
  • Other:その他

一般的な個人ブログは、Googleから見れば信頼性が全くありません。

そのため、YMYLジャンルで記事を書いたとしても、上位表示どころかインデックスされることすら困難です。

 

医療情報を扱っていたキュレーションサイトの「WELQ」が医学的な根拠のない記事を大量に投稿していたことが問題視され、いわゆる「健康アップデート」でYMYLジャンルに対する評価が厳しくなりました。

このアップデートの影響により、YMYLジャンルのサイトの中には閉鎖に追い込まれたものもあります。

 

3-4. 化粧品や健康食品ジャンルでは薬機法を意識する必要がある

化粧品や健康食品ジャンルでは薬機法を意識する必要があります。

薬機法に違反する表現を用いて記事を書けば、逮捕される可能性もあるので注意しておきましょう。

 

ここに注意!

2020年6月、医薬品と承認されていないにもかかわらず、タンポポ茶に抗ウィルス効果があると宣伝したとして健康食品会社の代表が逮捕されています。

参考:「抗ウイルス」とタンポポ茶を宣伝した疑い、2人を逮捕 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル (asahi.com)

 

 

広告表現に関して、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)には、以下のように定められています。

66条 何人も、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器又は再生医療等製品の名称、製造方法、効能、効果又は性能に関して、明示的であると暗示的であるとを問わず、虚偽又は誇大な記事を広告し、記述し、又は流布してはならない。

2 医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器又は再生医療等製品の効能、効果又は性能について、医師その他の者がこれを保証したものと誤解されるおそれがある記事を広告し、記述し、又は流布することは、前項に該当するものとする。

3 何人も、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器又は再生医療等製品に関して堕胎を暗示し、又はわいせつにわたる文書又は図画を用いてはならない。

67条 政令で定めるがんその他の特殊疾病に使用されることが目的とされている医薬品又は再生医療等製品であって、医師又は歯科医師の指導のもとに使用されるのでなければ危害を生ずるおそれが特に大きいものについては、厚生労働省令で、医薬品又は再生医療等製品を指定し、その医薬品又は再生医療等製品に関する広告につき、医薬関係者以外の一般人を対象とする広告方法を制限する等、当該医薬品又は再生医療等製品の適正な使用の確保のために必要な措置を定めることができる。

2 厚生労働大臣は、前項に規定する特定疾病を定める政令について、その制定又は改廃に関する閣議を求めるには、あらかじめ、薬事・食品衛生審議会の意見を聞かなければならない。ただし、薬事・食品衛生審議会が軽微な事項と認めるものについては、この限りではない。

68条 何人も、第14条第1項、第23条の2の5第1項若しくは第23条の2の23第1項に規定する医薬品若しくは医療機器又は再生医療等製品であって、まだ第14条第1項、第19条の2第1項、第23条の2の5第1項、第23条の2の17第1項、第23条の25第1項若しくは第23条の37第1項の承認又は第23条の2の23第1項の認証を受けていないものについて、その名称、製造方法、効能、効果又は性能に関する広告をしてはならない。

 

また、Yahoo!広告においても掲載する記事の広告審査を厳しくしており、以下のような広告を「重大な違反表現」としています。

  • 明らかな虚偽、誇大広告
  • 重大な健康被害の恐れのあるもの
  • その他「Yahoo! JAPAN 広告掲載基準」への重大な違反と当社が判断する表現

参考:違反実績をふまえた広告審査開始のお知らせ(2021/2/8適用開始) - Yahoo!広告

 

薬機法に違反する記事を書けば自身が逮捕されたり、ASPなどの広告を提供する会社から広告の利用を停止されたりする恐れがあります。

ブログで稼ぐことを意識しすぎて、薬機法に違反するような虚偽あるいは誇大な表現を用いることは止めておきましょう。

 

3-5. 稼げるジャンルは資金力のある企業が本格的に取り組んでいる

ブログやサイトで稼ごうとするのは、個人だけではありません。

資金力のある企業が、多額の広告費と人材を投入して記事を投入しています。

記事を書くライターに編集者、校正者、構成企画、記事装飾、SEOなど、多くの手間と時間とお金をかけてひとつの記事を作り上げるわけです。

個人のブログはすべての工程を一人でおこなう必要があるので、書ける記事の本数には限界があります。

狙っているジャンルに関するキーワードで検索したときに、検索上位に企業が多い場合は、厳しい戦いになることを覚悟しておきましょう。

 

4. 稼げるブログジャンル3選

では実際に稼げるジャンルはどのようなものでしょうか?

高単価で一般的に稼げると言われているブログジャンルは、以下の3つです。

  • 転職・副業
  • クレジットカード
  • 投資

ここがポイント!

このジャンルは、企業も本格的に取り組んでいます。

そのため「転職」という単語でGoogle検索の上位に表示させることはまず無理です。

そんな中で、あなたのブログで必要なのは「あなたのリアルな体験」です。

例えば、求人サイトを実際に使って感じたこと、どのように転職を成功させたのか、複数の求人サイトを使ってわかったこと、求人サイトとエージェントサービスとの違いなど、リアルな体験から書かれる濃い記事は、Googleからも読者からも評価されます。

 

4-1. 転職・副業

転職・副業ジャンルは、常に需要のあるジャンルです。

転職する場合は、ほとんどの人がネットの求人サイトで仕事を探すか、転職エージェントを経由して求人を紹介してもらいます。転職は収入かかわる問題なので、読者も真剣に記事を探して読む傾向にあります。

また副業は、政府の働き方改革や厚生労働省の副業・兼業の推進により注目されているジャンルです。

コロナの影響で失業して転職先を探す人や、労働環境を変えるために転職を希望する人が増加しているようです。

また、経済的な不安から本業以外の収入を確保するために副業を検討している人も増加しています。

 

4-2. クレジットカード

クレジットカードは、広告の中でも報酬が高い傾向にあるジャンルです。

レジットカードを1件成約させるだけで数千円から1万円以上の報酬が期待できます。

実際にどのくらいの報酬が得られるのかはASP会社の広告を見て確認してみましょう。

 

高単価な広告収入目当てにクレジットカードジャンルに挑戦する人は非常に多いようです。

競争が激しいので短期間で成果を出すことは難しいです。こちらもやはり、あなたの体験を織り交ぜてオリジナルのコンテンツ(記事)を書くことができれば、十分に稼ぐことができます。

 

4-3. 投資

投資ジャンルは、株式投資やFX、仮想通貨、不動産投資など幅広い分野があり、どれも広告報酬が高い傾向にあります。

お金を稼ぎたいという目的の読者が多いので、記事の内容と広告をうまく結び付けられれば成約率が高くなります。

 

お金に関する内容なので、記事の内容以上に誰が記事を書いたのかという記事の信頼性が重視されます。

読者に信頼してもらうために、「本業の仕事内容や実績、所有する資格などを公表して、顔出しでブログを書いている」という方もいます。でも、ちょっと抵抗がありますよね。

 

そんな時は、自分の成果を出しましょう。

1日500円でも1,000円でも構いません。画面キャプチャと一緒にその日その日の利益を載せていくことで、顔を出さなくても少しずつ信頼が得られます。

信頼度が高まれば「始めてみようかな?」と思う読者も出てくるのです。

 

5. まとめ

ブログのジャンル選びは、ブログの収益化に重要な要素です。

選んだジャンルによっては、努力してブログに記事を書いたのに、思ったように稼げない場合もあります。

 

ブログのジャンルを決めるときには、「広告が存在するか」「需要(ニーズ)はあるか」「競合が多くないか」の3点を頭に入れておきましょう。

 

また、以下の5点にも注意してジャンルを選びましょう!

  1. 書きやすいジャンルや好きなジャンルが稼げるとは限らない
  2. ゲームジャンルは広告単価が低い
  3. YMYLジャンルは検索上位表示が難しい
  4. 化粧品や健康食品ジャンルでは薬機法を意識する必要がある
  5. 稼げるジャンルは資金力のある企業が本格的に取り組んでいる

 

間違っても、他のブログの記事をコピペして修正なんてことをしてはいけません。Google検索は優秀ですので、簡単に見破ってランキング圏外に飛ばされます。

ジャンルが決まったら、ご自身の体験を織り込み、オリジナルのコンテンツ(記事)を作ることが大事ですね!

 

成果が出るまで半年から1年はかかります。でも逆に言えば半年から1年で、「働かなくてもお金が入ってくる仕組みを作れるかもしれない」ということです。

やれば結果は出せます。あとは、あなた次第です。

\参考になったらポチッとお願いします!/

-ブログを収益化する方法
-, ,

© 2021 インターネットビジネスラボ