ブログのつくり方

Webサイトが表示されない!?WordPressの復旧に必要なFTPソフト「WinSCP」を徹底解説!

こんな方に読んで欲しい!

  • FTPソフトの導入、設定、使用方法を知りたい!
  • WordPressのWebサイトが表示されなくなってしまったので、復旧方法を知りたい!
  • WordPressにログインもできない!

WordPressでWebサイトを運用していて、レンタルサーバーなどに直接ファイルを置くことはほとんどありません。

WordPressの管理画面上で、「テーマのアップロード」や「プラグインのアップロード」、ファイルの編集なども行うことができるからです。

 

では、管理画面が使えなくなったらどうしますか?

WordPressでは、ファイルの編集をミスしたり、追加したテーマやプラグインが既存のプラグインと競合するなどした場合、管理画面が使えなくなってしまう(ログイン画面すら表示されなくなってしまう)可能性はあります。

そんな時はFTPソフトを使って、サーバーの中のファイルを直接編集して復旧することになります。

今回の記事では無料で使えるFTPソフトの1つ「WinSCP」の導入、設定、使い方を徹底解説します!

1. FTPソフトってなに?

FTPは「File Transfer Protocol(ファイル トランスファー プロトコル)」の略です。日本語で書くと「ファイル転送プロトコル」ですね。

さらに詳しく!

プロトコルとは、コンピューター同士が通信をする時の約束事です。人間でいう「言葉」だと思ってください。例えば、片方がフランス語、片方がドイツ語で話しても会話は成立しません。同じ言葉で話すことで会話は成立します。

これと同じように、ファイル転送においては「FTP(File Transfer Protocol)」を使うことで通信を行うことができるわけです。

このFTPを使ってファイルの送受信を行うソフトウェアを「FTPソフトウェア」または「FTPクライアント」などと呼びます。

 

2. FTPソフト「WinSCP」の導入

今回は、WordPress専用のレンタルサーバー「wpX Speed」を例に、サーバー側の設定、WinSCPのダウンロード、インストール、ID等の設定まで解説します。

2-1. サーバー側のFTP設定を変更し、情報を取得する

FTPソフトを使う際、FTPでサーバーにアクセスすることを事前にサーバー側で設定する必要があります。

以下のページを表示し、ログインしてください。

 

 

 

ログインできたら、左メニューの「WordPress設定」から該当のドメイン名(「〇〇〇〇.com」など)を選択します。

右の画面が切り替わったら、「FTP設定 > FTPアカウント設定」の「設定」ボタンをクリックします。

 

初期設定ではステータスが「OFF」になっているはずです。メニューの「設定変更」ボタンをクリックします。

 

「FTPアカウント設定」の画面が開いたら、特に設定を変更する必要はありません。そのまま「設定変更(確認)」ボタンをクリックします。

さらに詳しく!

「全てのファイル・フォルダにアクセスする」のチェックは、通常はチェックを入れなくてOKです。真っ白画面の原因となる可能性がある「テーマ」や「プラグイン」のフォルダは、チェックを入れなくても操作することができます。

 

パスワードが自動で設定され「*******」のように表示されます。この画面では確認できませんので、「設定編集(確定)」をクリックして確定します。

 

「設定編集(確定)」ボタンをクリックすると、設定された「パスワード」が表示されます。これらはFTPソフトウェアでログインする時に使いますので、忘れないようにメモを取ってください

 

2-2. FTPソフト「WinSCP」をダウンロードする

「WinSCP」をダウンロードします。以下のページを開き、「フリーソフト」と書かれた方の「窓の杜からダウンロード」ボタンをクリックします。

 

 

画面が切り替わると自動的にダウンロードが始まります。Google Chrome の場合は、矢印の位置にダウンロード中のファイル名が表示されますので確認してください。

ここがポイント!

ダウンロードが始まらない場合は、上部のファイル名をクリックしてください。

 

設定を変更していなければ、「ダウンロードフォルダ」に保存されます。

(今回の記事では、わかりやすいようにデスクトップに保存しています。)

 

2-3. FTPソフト「WinSCP」をインストールする

ダウンロードしたファイルをダブルクリックし、インストールを行います。

ダブルクリックすると、以下のような画面が表示されますので、「はい」を選択します。

 

使用許諾契約書が表示されますので、「許諾」ボタンをクリックします。

 

セットアップ形式を選択します。「標準的なインストール」が選択されていますので、そのまま「次へ」ボタンをクリックします。

さらに詳しく!

以前、インストールしたことがある場合は、以下の画像のように「完全なアップグレード」と表示されいます。

 

インストール準備完了の画面が表示されますので、「インストール」ボタンをクリックします。

 

インストール状況が表示されます。軽いソフトですので、10秒くらいでインストールが完了します。(パソコンのスペックにより多少、前後します。)

完了すると自動的に画面が切り替わります。

 

WinSCPセットアップウィザードの完了画面が表示されますので、「完了」ボタンをクリックして完了します。

 

 

ここがポイント!

WinSCPのWebページが開きますが、閉じてOKです。

3. FTPソフト「WinSCP」の設定

デスクトップにWinSCPのアイコンが表示されますので、ダブルクリックで起動しましょう。

起動すると以下のような画面が開きますので、①~⑤を入力し、保存ボタンをクリックします。

① 転送プロトコル:「FTP」を選んでください。

② 暗号化:「明示的な TLS/SSL 暗号化」を選択してください。

③ ホスト名:「サーバーID.wp-x.jp」のように入力してください。(例)xsample.wp-x.jp

④ ユーザ名:対象となる「ドメイン名」を入力してください。

⑤ パスワード:「FTPアカウント設定」でメモしたパスワードを入力します。

 

保存ボタンをクリックすると以下のような画面に切り替わります。

「セッションの保存名」は、なんでも構いません。ドメイン名にしておくとわかりやすいでしょう。入力後、「OK」ボタンをクリックします。

ここがポイント!

「パスワードを保存(推奨されません)」という項目があります。パスワードを保存することで簡単にログインできるようになります。しかし、セキュリティ的には弱くなります

例えば、パソコンを誰かに乗っ取られる状況になると、サーバー側も乗っ取られてしまう可能性はあります。利便性とセキュリティの両立は難しいですね。

 

WinSCPがサーバーに接続しようとします。(パスワードなどに間違いがあると、エラー画面が表示されます)

 

正常に接続できると、以下のような画面が表示されます。

左側には、あなたのパソコンのフォルダが表示されます。右側には、サーバー側のフォルダ(ディレクトリ)が表示されます。

これで設定は完了です!

 

 

4. FTPソフト「WinSCP」の基本的な使い方

WordPress関係でFTPソフト「WinSCP」を使うとすれば、

  1. あなたのパソコンのファイルを、サーバーにアップロードする
  2. サーバー側のファイルを、あなたのパソコンにダウンロードする
  3. サーバー側のファイル名やフォルダ名を変更する

の3つの動作が基本となります。

4-1. あなたのパソコンのファイルを、サーバーにアップロードする

まず、「WinSCP」の左側に表示されているあなたのパソコン側で、アップロードしたいファイルのあるフォルダを開きます。

次に、「WinSCP」の右側に表示されているサーバー側で、アップロードフォルダを開きます。

対象のファイルを、あなたのパソコン側からサーバ側へ、ドラッグ & ドロップで移動させましょう。

 

4-2. サーバー側のファイルを、あなたのパソコンのにダウンロードする

まず、「WinSCP」の右側に表示されているサーバー側で、ダウンロードしたいファイルのあるフォルダを開きます。

次に、「WinSCP」の左側に表示されているあなたのパソコン側で、ダウンロードしたファイルを置くフォルダを開きます。

対象のファイルを、サーバ側からあなたのパソコン側へ、ドラッグ & ドロップで移動させましょう。

 

4-3.サーバー側のファイル名やフォルダ名を変更する

「WinSCP」の右側に表示されているサーバー側で、名称を変更したいフォルダのある場所を開きます。

左クリックするとメニューが表示されますので、「名前の変更」を選択してください。

ファイル名が編集できるようになりますので、新しい名前を入力し、エンターキーで確定します。

さらに詳しく!

例えばWordPressの画面が真っ白になってしまった場合で、直前にプラグインを追加した場合、そのプラグインと何かが競合してしまった可能性があります。

この場合は、「plugins」フォルダを「plugins_bak」などに変更(リネーム)し、一時的にプラグインを無効化して、WordPressの管理画面が表示されるかどうを確認します。

5. まとめ

WordPressは、基本的には管理画面で必要な操作を行うことができるのですが、その管理画面が表示されなくなってしまった場合は、サーバー側のファイルやフォルダ(ディレクトリ)を直接操作する必要があります。

そんな時に使うのが、無料で使えるファイル転送ソフトウェア「WinSCP」です。

見慣れない画面ではありますが、簡単な手順で導入から操作までできますので、WordPressに何かあった場合に備えて準備しておきましょう。

 

 

\参考になったらポチッとお願いします!/

-ブログのつくり方
-, , ,

© 2020 インターネットビジネスラボ