WordPressプラグイン

【WordPress初心者向け!】インストールしたら絶対入れたいプラグイン

WordPressをインストールしたら、絶対に入れるべきプラグインがあります。

プラグインとは、機能を追加するためのプログラムです。「インストールすれば、いろんな機能が使えるようになる!」と思っておけばOKです。

こんな方に読んでほしい!

  • WordPressを始めようとしている
  • WordPressを始めるに当たり、入れるべきプラグインが知りたい。

1、プラグインのインストール方法

この記事で紹介する公式プラグインは、WordPressの管理画面からインストールできます。「Google XML Sitemaps」を例に、操作方法を記載しておきます。

 

① WordPress管理画面の「 プラグイン > 新規追加」をクリックします。

② 「プラグインを追加」ページが表示されたら、キーワード欄に「 Google XML Sitemaps 」をコピーして貼り付けてください。

③  「 Google XML Sitemaps 」プラグインが表示されたら、「今すぐインストール」をクリックします。

google_xml_sitemapsのインストール・設定を徹底解説_01

インストールが終わると「有効化」ボタンが表示されますので、クリックして有効化します。

google_xml_sitemapsのインストール・設定を徹底解説_02

※有効化後の設定はプラグインにより異なりますので、各プラグインのページをご参照ください。

 

2、WordPressをインストールしたら、「絶対入れるべき」プラグイン

2-1、Classic Editor

wordpressの標準エディタはGutenberg(グーテンベルグ)です。ただし現段階(2019年4月17日時点)では、対応していないプラグインやテーマも多くあります。当webサイトで採用しているテーマ「WING(AFFINGER5)」や、「AddQuicktag」「Pixabay」などのプラグインは非常に便利ですが、Gutenbergに対応していません。 今は移行期間だと考え、一時的に旧エディタに戻そうと思います。

【WordPress初心者向け!】Gutenberg(グーテンベルク)から元のエディター(旧エディター)に戻す方法

 

2-2、Akismet Anti-Spam

自分のwebサイトを持つと、スパムへの対抗手段は必ず必要になります。驚くほどスパムって横行しているんです。

対応手段はいろいろありますが、まずはWordPressインストール直後に行っておくべき対策「Akismet Anti-Spamプラグイン」の導入・設定について解説します。

【WordPress初心者向け!】スパム対策ならまずこれ!Akismet Anti-Spamプラグインの設定方法を徹底解説!

 

2-3、Duplicate Post

自分のwebサイトを作成したら、次は内容を充実させましょう!

例えば、この記事のような「プラグインの使い方に関する記事」は、ひな形を作っておいてコピーし情報を入れ込んでいく作り方をすると、効率的に記事を作成できます。

ひな形を作成したら、複製するプラグインを入れましょう!

プラグイン「Duplicate Post」のインストールと設定を徹底的に解説します!

【WordPress初心者向け!】記事をコピーする Duplicate Post プラグインを徹底解説!

 

2-4、Google XML Sitemaps

SNSを使って広める方法ももちろんありますが、最初は受け取る(フォローしている)人が少ないため効果は低め。やはり検索からの流入を狙うのが王道です。

記事を書いたことを検索エンジンに認識してもらうには、サイトマップを伝える必要があります。これを自動的に作成し、自動的に通知してくれるプラグイン「 Google XML Sitemaps 」の インストールと設定を徹底的に解説します!

【WordPress初心者向け!】Google XML Sitemapsの設定方法を徹底解説!

 

2-5、Pixabay Images

アイキャッチ画像や記事内に入れ込む画像はどうやって探していますか?

web上には無料・有料の画像素材を扱うwebサービスがたくさんありますが、探し回るのも、1つ1つ著作権関係を確認するのも、かなり時間のかかる作業です。

「 Pixabay Images 」プラグインは、そうした手間を解消し、WordPress上で手軽に画像を探せるプラグインです。この記事ではインストールから使い方、探し方まで徹底解説します!

【WordPress初心者向け!】超手軽にアイキャッチや記事内の画像を探せる「 Pixabay Images 」プラグインを徹底解説!

 

2-6、Easy FancyBox

このwebサイトでもそうですが、画像に文字を書くことがあるんですね。

で、実際にwebページに載せてみたら「字がちっさくて読めない・・・。」なんてことが、実は結構頻繁にあったんです。

そこで、クリックすると拡大表示できるプラグイン「 Easy FancyBox 」を導入しました。使い方も簡単!この記事ではインストールから使い方まで徹底解説します!

クリックで写真をポップアップ表示(拡大表示)できる「 Easy FancyBox 」プラグインを徹底解説!

 

2-7、Compress JPEG & PNG images

読み込みが遅いと、読み込み途中で見ることを諦める確率が高くなり、結果、誰にも見られないwebサイトになります。

またSEOの観点では、読み込み速度も評価の1つになりますので、低評価の原因にもなります。

できる限り読み込みしやすくするために、「Compress JPEG & PNG images」というプラグインを使い画像データの容量を小さくする方法をお伝えします!

【wordpress初心者向け!】画像を自動で圧縮してくれるプラグイン「Compress JPEG & PNG images」のインストール・設定方法を詳しく解説!

2-8、UpdraftPlus

想像してください。

  • 今、頑張って作っているwebサイトが消えたとしたら・・・?
  • 何十時間もかけて作ったwebサイトが壊れたとしたら・・・?
  • アフィリエイトサイトで収益が上がってきたwebサイトが壊れたとしたら・・・?
  • コーポレートサイト(企業公式のwebサイト)が壊れたら・・・?

恐ろしいですよね。泣き寝入り程度では済まない損害が発生する可能性もあります。

WordPressは自己責任。「もしも」を想定して自己防衛のために、バックアップを必ず取るようにしましょう!

今回は、自動バックアッププラグイン「 UpdraftPlus WordPress Backup Plugin 」を徹底的に解説します!導入必須ですよ!

【wordpress初心者向け!】導入必須!バックアッププラグイン「UpdraftPlus」のインストール・設定方法を徹底解説!

 

3、WordPressをインストールしたら、「入れると便利に使える」プラグイン

3-1、Imagify

読み込みが遅いと、読み込み途中で見ることを諦める確率が高くなり、結果、誰にも見られないwebサイトになります。

またSEOの観点では、読み込み速度も評価の1つになりますので、低評価の原因にもなります。できる限り読み込みしやすくするために、まずは「Imagify」というプラグインを使い画像のサイズを小さくする方法をお伝えします!

【wordpress初心者向け!】画像を自動で圧縮してくれるプラグイン「Imagify」のインストール・設定方法を詳しく解説!

 

3-2,Jetpack機能「パブリサイズ共有」

記事を投稿すると同時にfacebookやtwitterで自動的に共有されるJetpack機能「パブリサイズ共有」。

この機能に特化したプラグインもありますし、いろいろな実現方法があるのですが、この記事ではjetpackを使ったパブリサイズ共有の方法を徹底的に解説します!

【wordpress初心者向け!】記事を自動でSNSに投稿できるJetpack機能「パブリサイズ共有」の設定・活用方法を徹底解説!

 

4、まとめ

WordPressは、簡単な操作で新たな機能が追加できる非常に柔軟なシステムです。自分のやりたいことに合わせてプラグインを選択でき、不要になったら削除すればOK!

まだまだ便利なプラグインがありますので、随時更新していきます!

\参考になったらポチッとお願いします!/

-WordPressプラグイン
-,

© 2020 インターネットビジネスラボ