ブログのつくり方

初心者でも使いやすいおすすめレンタルサーバーを元IT企業の営業マンが解説!

こんな方に読んで欲しい!

  • これから自分のWebサイトを作ろうとしている
  • これからレンタルサーバーを借りようとしている
  • 何を基準に選べばよいかわからない

レンタルサーバー」と一言で言っても、たくさんの会社が提供しているし、同じ会社でもブランドが違ったり、同じブランドでもプランがたくさんあったりと、非常に複雑です。

結局、どのサーバーを選べばいいの?

というのが、初心者の正直なところでしょう。

そういった初心者のあなたのために、この記事では、おすすめのレンタルサーバートップ3を紹介します。

この3つの中のどれかを選べば間違いないですよ!

【この記事の信ぴょう性】

筆者は、サラリーマン時代にIT企業で営業マンをしていました。このインターネットビジネスラボ以外にも、個人的にも趣味でWebサービスを作っています。そのため、いくつもレンタルサーバーは使ってきました。

1. レンタルサーバーを選ぶうえで大事なことは「使いやすさ」

いろんなインターネット上のサービス使っていると、「使いにくい!」と思うサービスが結構あります。

それらは何が原因なのでしょうか。

考えられることは、

  • 色や配置などのデザインが悪い
  • 専門用語の解説がないので難しい
  • 文字の大きさ、行間が見づらい

などでしょう。

「見にくい」「操作しにくい」「わかりにくい」と感じたら、それが積み重なって「使いにくい!」となり、結果、使わなくなってしまいます。

特に、これからWebサイトやブログを始める初心者の方は、わかりにくいことだらけなはずです。

毎日のように使うことになるレンタルサーバーが使いやすものであれば、楽しくストレスなく運用ができるはず!

つまり、初心者にとっては「使いやすいかどうか」が最も大事なのです

セキュリティが強固なこと、稼働率99%以上などは今や当たり前。それらがクリアされていることは大前提です。

2. 「使いやすい」って、具体的にこういうこと!

レンタルサーバーにおいて「使いやすい」ってどういうことなの?

では、 初心者にとって「使いやすい」レンタルサーバとはどんなものでしょうか?重要なものから1つずつ見ていきましょう!

2-1. 管理画面が見やすい

wordpressインストール&初期設定_04

例:エックスサーバー管理画面

  • 文字サイズが小さすぎない
  • 行間が適度に空いている

など、デザイン面での「見やすさ」で、「使いやすさ」は大きく変わります。

また、1つの画面に情報が集約されていたり、直感的に使えたりするサービスはやはり「使いやすい」ですよね。

 

逆に、大メニュー、中メニュー、小メニューと何度もクリックする必要がある画面は、とても見にくいし、手間がかかります。画面が切り替わるまでの数秒でイライラします。

シンプル イズ ベスト!見やすく、操作性が良いレンタルサーバーを選びましょう

ここがポイント!

「使い方(ヘルプ)を読めばわかるでしょ?」というスタンスのレンタルサーバは、使わない方が良いです。今はレンタルサーバが多すぎるほどあり、使いにくいなどの理由で顧客を獲得できなかったサービスは淘汰されます。

2-2. インターネットでいろいろ探せる

大手のレンタルサーバーはたくさんの方がすでに使っているため、Google で検索するとハウツー記事が山のようにヒットします。

例えばこのWebサイトでも、

のようなハウツー記事を書いています。

筆者がわからなくて調べたことは、このようなハウツー記事はどんどん書いていきます。

こんな感じで、利用者が多ければ多いほど公式のへルプページよりも詳しく、また公式のへルプページには載っていない情報すらインターネット上で見つけることができます。先人たちの知恵を大いに活用しましょう!

2-3. 簡単な操作でWordPressをインストールできる

これからレンタルサーバーを借りようとしているのであれば、Webサイトを作ることが目的だと思います。

CMS(コンテンツマネジメントシステム)、特にwordpress(ワードプレス)が簡単にインストールできることも「使いやすさ」の条件の1つに入れましょう。

CMS(コンテンツマネジメントシステム)とは?

CMSとは、Contents Management System(コンテンツマネジメントシステム)の頭文字をとった略称です。HTMLやCSSなど、webサイトの制作に必要な知識が無くても、webサイトの構築・運用ができる仕組みのことを指します。

CMSが無い時代は、Webサイトの構築・運用に専門知識のある職員を配置していましたが、CMSの登場で、操作方法さえ覚えれば誰でも簡単にWebサイトの構築・運用ができるようになりました。

WordPress(ワードプレス)とは?

「word」という単語が入りますが、officeのwordとは全く関係ありませんよ!

WordPressとは、2003年に初版がリリースされた、CMSの代表格と言っても過言ではない無料ソフトウェアです。個人、企業、官公庁まで幅広く使用されていて、世界中のwebサイトのおよそ4分の1はWordPressで構築されているという調査結果もあります。

2-4. SSL化が無料でできる

世界的な動きとして、個人が作る趣味のWebサイトだろうと、公官庁のwebサイトであろうと、SSL化することが当たり前になっています。

Google Chrome というWebブラウザでは、SSL化されていないWebサイトを見ようとすると「安全ではありません」という警告が出るほどです。

このSSL化には「証明書」が必要になりますが、これまでは数万~数十万する証明書を購入する必要がありました。この金額だと、個人では全く手が出ません。

しかし最近はレンタルサーバの付加価値として、無料で提供されることも多くなっています。「無料の独自SSL」を利用できこと、これも使いやすさを考える1つの条件です。

SSL(Secure Sockets Layer)とは?

インターネットを利用する時の情報のやりとりを暗号化し、安全に送受信するための仕組みのことです。

例えば、インターネットで何かを買う時に名前や住所、メールアドレス、クレジットカードなどの情報を入力しますが、SSL化されていない場合は「名前:鈴木次郎、住所:東京都中央区○○○、クレジットカード:1234 5678 9012 3456」という情報が盗み見できてしまいます。

SSL化されていると、盗み見たとしても暗号化されていて、情報を盗むことができません。

※秘密鍵とか公開鍵とかいろいろキーワードはあるのですが、わかりやすさを重視して端折っています。

 

2-5. 電話・メール・チャットサポートの質が良い

電話やメール、チャットは、「そのサービスのことをよくわかっている人と話せるチャンス!」なので、わからないことがあればどんどん活用しましょう。

活用するにあたり重要なのは、サポートの「」です。

初めてレンタルサーバを使うのであれば、「何をどう聞いたら良いかわからない」という状態になるでしょう。問題はそれを伝えられるかどうか。わからないことを文章にして伝えるって難しいんです。

 

こういう時、電話のサポート担当者が、

  • 初心者であることを理解
  • 足りない言葉を補って一緒に考えてくれるかどうか
  • 的を得た答えを返してくれるかどうか
  • さらに良い提案をしてくれるかどうか

がキーポイントです。

これはその人の能力によるので一概には言えませんが、利用者が多いサービスは知見・事例も多く、経験上、良い人にあたり手厚いサポートを受けられることが多いように思います。

 

ちなみに、これを5つ目にしたのは、実は僕は電話・メールサポートをほとんど使わないからです。

2-2.で書いたように有名なサービスであれば、ハウツー記事が大量にインターネット上にあります。同じように引っ掛かって、解決した方のハウツーを、今すぐに読むことができます。

電話・メールサポートには、以下のようなデメリットがあります、

  • 電話は、つながるまでに時間(数分~十数分)がかかる場合がある。
  • 折り返しの電話になると、いつかかってくるかわからない。
  • メールもいつ返ってくるかわからない。
  • 貴重な時間を取られることになる。

 

3. レンタルサーバーでプランを選ぶときの基準

『2. 「使いやすい」って、具体的にこういうこと!』で書いた内容で絞り込んでいくと、レンタルサーバーはだいたい決まってきます。あとはプランを比べて選ぶだけです。

最初から高機能なプランにする必要はありません。最も価格の安いプランでもかなり充実していますので、次の項目を特に意識して選びましょう。

3-1. ディスク容量

保存できるデータの容量です。10GB以下だと不安なので、10GB以上あるプランを選択しましょう。

webサイト5つで、何GB使ってる?

ふと気になって見てみました。このサイトとは別にwpXというレンタルサーバーで運用している小さなwebサイトが5つあるんですが、30,000MB(≒30GB)を使えるのに対し、実際に使っているのは1,214MB(≒1.2GB)でした。

ぜんぜん使っていませんでした!普段、意識してないけど、こんなもんなんですね。

3-2. マルチドメイン数

設定できる独自ドメインの数です。

ドメインというのは、例えばこのサイトだと「iblab.net」ですね。インターネット上の住所だと思ってください。とりあえず10個もあれば十分です。

さらに詳しく!

 

3-3. MySQL(データベース)

1つのWebサイトに1つのデータベースが基本です。

データベースというのは、そのwebサイトのありとあらゆるデータが保管されている場所のことです。とりあえず10個もあれば十分です。

3-4. 費用

無料とか格安が1番良いということはありません。「安物買いの銭失い」にならないよう、機能やサポートが充実し、かつ比較的安価なプランを選びましょう。

3-5. 転送量課金

Webサイトの運用やメール送受信など、送受信するデータ量に応じて課金される場合があります。

携帯のデータ通信料と同じで、よくネットする人は定額の「○○放題プラン」がありますよね。Webサイトも同じで、無料(=費用に含まれている)方が良いです。追加料金のあるプランだと、費用が気になって更新が滞ります。

最近はあまり見なくなりましたが、頭の片隅に置いておいてください。

4.  本当に使いやすいレンタルサーバートップ3!

レンタルサーバーの会社・ブランド、プランを選ぶ際に注目すべき点をお伝えしてきました。では、これらの観点で本当に使いやすいレンタルサーバーを見ていきましょう!

1位 エックスサーバー(エックスサーバー株式会社)

このWebサイトもエックスサーバーで運営しています。以前は別のレンタルサーバーを使っていたのですが、管理画面がわかりにくく、たまにしか行わない操作は毎回調べていて、時間がかかっていることに不満をもっていました。エックスサーバーの管理画面はぱっと見でわかるし、シンプルでとても使いやすいです!

エックスサーバーの管理画面

wordpressインストール&初期設定_04

大メニュー、小メニューがわかりやすく配置され、アイコンもあるのでぱっと見で見つけやすいです。例えばwordpressをインストールする際も、簡単に見つかり実行できます。

エックスサーバーについてはこちらの記事でさらに詳しく解説しています。


2位 wpX(エックスサーバー株式会社)

使いやすさ1位のエックスサーバーと同じ会社が提供するwpX(ダブリューピーエックス)レンタルサーバーが2位です!エックスサーバーとの大きな違いは、WordPressの運用を大前提にしているので、機器の選定から設定、管理画面の使いやすさまで、こだわり抜いたレンタルサーバーになっています。wordpress専用と書いていますが、メール機能など基本機能はもちろん使えますので、ご安心を!

wpXレンタルサーバー の管理画面


wpX管理画面
wordpress専用なので出来ることは限られますが、その分、画面はとてもシンプル。左のメニューから迷わず操作できます。

wpXについてはこちらの記事でさらに詳しく解説しています。


3位 mixhost(アズポケット株式会社)

正直、mixhostを2位にするか3位にするか悩みました。これまではエックスサーバーが1強だったのですが、2年前くらいにmixhostが登場し、がんがん追い上げている気がしています。日本で初めてLiteSpeed Webサーバーを採用し速度は最速ですね。コスパも、インターネット上の情報もかなり多くなりました。惜しむらくは、管理画面・・・。少し見にくいと感じていて、3位としました。

mixhost の管理画面


mixhost管理画面
ここでは一部しか表示していませんが、これの4倍くらいメニュー項目があり、また英語表記も残っており、少し見にくい印象です。

でもコスパ最高!動作最速!wordpressのインストールが3秒で終わったのには焦りました。(早すぎて、キャプチャが取れなかったほど。。。)

mixhost(ミックスホスト)についてはこちらの記事でさらに詳しく解説しています。

5. まとめ

比較すると、エックスサーバーwpXレンタルサーバーが使いやすさという点では2強ですね。

特に画面の使いやすさについては、よく作りこまれています。

でも、mixhostがガンガン追いついてきている印象で、インターネット上の情報もかなり増えてきていると感じています。コスパと素早い動作で、これからもユーザーを増やしていくレンタルサーバーだと考えます。

どれを選んでも後悔することはありません。

でも、もし悩んだら安定稼働と長期運用実績のあるエックスサーバーで始めてみましょう!

\参考になったらポチッとお願いします!/

-ブログのつくり方
-, , ,

© 2020 インターネットビジネスラボ