ブログのつくり方

ブログにおすすめレンタルサーバーを8つ紹介!初心者はこれを選べば解決

2021年9月7日

こんな方に読んで欲しい!

  • レンタルサーバーは種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない...
  • レンタルサーバーを選ぶ基準て何なの?
  • どのレンタルサーバーを選んだらいいのか率直に教えて!

ブログを始めようと準備すると、最初につまづくのがレンタルサーバー選びです。「どれでもいいや。」と適当に選ぶと、後々後悔するかもしれません。

レンタルサーバーを選ぶポイントは、料金はもちろんのこと、安定稼働すること、使いやすさ、サポート体制など総合的にみる必要があります。

この記事では、初心者の方にもおすすめできるレンタルサーバーを8つ紹介します。

もっともおすすめできるレンタルサーバーは2つに絞られますが、料金を重視したい、ページ表示速度を重視したい等のニーズに合わせて、選べるようにしています。

【この記事の信ぴょう性】

筆者は、サラリーマン時代にIT企業で営業マンをしていました。このインターネットビジネスラボ以外にも、個人的にも趣味でWebサービスを作っています。そのため、いくつもレンタルサーバーは使ってきました。

\記事を読む前にクリックで応援してください!/

結論. おすすめのレンタルサーバー

ブログ用に使うレンタルサーバーは、よほどのこだわりがない限り「エックスサーバー」か「ConoHa WING(コノハウィング)」のどちらかを選べば間違いありません。

もちろん、ページ表示スピードにこだわるなら「mixhost」、安さに特化するなら「スターサーバー」などの選択肢もありますが、総合的にみるとやはり2強の印象です。

この記事では、「エックスサーバー」「ConoHa WING」を含めた主要なレンタルサーバーとして8つのサーバーを比較していきます。

サーバー名おすすめ
プラン
おすすめ度
エックスサーバーx10
ConoHa WING(コノハウィング)WINGパック ベーシック
mixhostプレミアム
ロリポップ!ハイスピード
ColorfulBoxBOX2
お名前.comRS
スターサーバーライト
さくらのレンタルサーバスタンダード

おすすめのレンタルサーバーを比較

レンタルサーバーを以下の7つの項目で比較します。

  • 料金
  • ページ表示スピ―ド
  • 実績や運営会社の信頼性
  • 管理画面の使いやすさ
  • サポート体制
  • バックアップ

それぞれについて解説します。

料金(初期費用+月額費用)

料金だけみれば、スターサーバーが圧倒的に安く、ロリポップ!とさくらサーバーも比較的安いです。

おすすめのエックスサーバーやConoHa WINGは年間で1万円を超えますが、月々にすると1,000円前後であり、大きな痛手ではありません。

サーバー名おすすめ
プラン
料金
(初期/年間)
キャンペーン
エックスサーバーx100円/13,860円10日間無料
ConoHa WING(コノハウィング)WINGパック
ベーシック
0円/10,692円最大1ヶ月無料
mixhostプレミアム0円/11,748円無し(30日返金保証)
ロリポップ!ハイスピード0円/6,600円10日間無料
ColorfulBoxBOX20円/11,616円30日間無料
お名前.comRS0円/9,680円最大2ヵ月間無料
スターサーバーライト0円/2,640円初期費用無料
さくらのレンタルサーバスタンダード0円/6,288円2週間無料

ページ表示スピード

ページの表示スピードは、ページのテキスト、画像、動画を読み込むまでの時間に関わる極めて重要な要素です。

ページ表示スピードが極端に遅いと、検索エンジンからもマイナス評価を受けるため、ブログの収益化にとって致命的です。

特にアクセスが増えてくると、サーバーへのアクセスが集中し、読み込みが遅くなるため、ユーザビリティが低下する恐れがあります。

ブログを立ち上げた当初は、アクセスが少ないのであまり問題はないものの、アクセスが増えるに従ってプランの見直しも重要になります。

 

ページ表示スピードを決める大きな要素は、Webサーバー転送量の2点です。まずはこの2点だけ押さえましょう。

Webサーバーには、Apache(アパッチ)、Nginx(エンジンエックス)、Litespeed(ライトスピード)などの種類があります。

結論、Webサーバーを速い順に並べると、LiteSpeed(ライトスピード)が最も速く、次いでNginx(エンジンエックス)、最も遅いのがApache(アパッチ)です。

一方、転送量は、テキストが主体のウェブサイトなのか、画像や動画など大きなデータを載せるページが主体のウェブサイトなのかで、大きく変わります。

Webサーバーと転送量の目安をまとめると以下のような表になります。

サーバー名おすすめ
プラン
Webサーバー転送量の目安
エックスサーバーx10Nginx900GB/日
ConoHa WING(コノハウィング)WINGパック
ベーシック
Apache+Nginx900GB/日
mixhostプレミアムLiteSpeed800GB/日
ロリポップ!ハイスピードエコノミー・ライト・スタンダード:Apache
ハイスピード・エンタープライズ:
LiteSpeed
900GB/日
ColorfulBoxBOX2LiteSpeed600GB/日
お名前.comRSApache+Nginx900GB/日
スターサーバーライトNginx500GB/日
さくらのレンタルサーバスタンダードNginx800GB/日

最も速いLitespeedを使っているのは、ColorfulBox・mixhost・お名前ドットコムのハイスピードプランとエンタープライズプランであり、ページ表示速度だけでみれば、この3社がおすすめです。

また、転送量の目安に関して、参考までにこの記事の転送量は1.3MB(0.0013GB)です。

エックスサーバーでいえば1日900GBとなるため、この記事に約69万回/日のアクセスするとパンクする目安になります。

69万回/日アクセスすることは当分先の話になると思うので、おそらく心配なく使えるでしょう。

転送量の一番少ないスターサーバーでも500GB/日あるため、よほどのサイトでない限り最初のうちはパンクしません。

しかし、万が一を見越してエックスサーバーやConoHa WINGのような、余裕あるサーバ―にしておく方が無難です。

さらに詳しく!

ディスク容量も気になるところですが、さくらサーバーを除いて、どのサーバーも300GB~400GBです(さくらサーバは200GB)。個人ブログの場合は、10GB~30GBもあれば十分なので、どのサーバーを選んでも不足することは基本的にないでしょう。

実績や運営会社の信頼性

サーバーのトラブルでブログが頻繁に表示されないなどのトラブルがあると、検索順位を大きく落とす原因になります。

そのため、不具合が少なく実績のある運営会社を選ぶことは極めて重要です。

それを踏まえると、「エックスサーバー」「ロリポップ」「さくらサーバー」は長年の運用実績がある信頼性が高い会社です。

エックスサーバーは、2003年からサービスを提供している老舗レンタルサーバーであり、サーバー稼働率99.99%以上の安定した環境で運用可能です。

インターネットビジネスラボも、エックスサーバーを使用していますが、一度もトラブルに巻き込まれず安定的に稼働しています。

ロリポップは、利用実績200万サイト以上の国内シェアNo.1のサーバーであり、信頼に値します。

さくらサーバーは、1997年から運用している最も歴史のあるレンタルサーバーです。今もなお稼働しているのは信頼できますよね。

一方でカラフルボックスは、大阪の株式会社カラフルラボというスタートアップ企業が運営しています。

2020年5月に発生した1日以上に渡る障害が発生しているなど、信頼性という意味では、若干不安が残ります。

いきなりサーバーが使えなくなる可能性も無くはないことも考慮しておきましょう。

管理画面の使いやすさ

サーバー管理画面の使いやすさでいえば「ConoHa WING(コノハウィング)」が頭一つ抜けています。

「ConoHa WING」は、レンタルサーバーの中で唯一スマホアプリにも対応しており、万が一外出先からサーバーを確認するのも簡単です。

初心者にもわかりやすいようなデザインや言葉遣いをしているため、これからWordPressを始めたい人などサーバー初心者にはおすすめできます。

また、導線も配慮されていて、WordPressで作成したサイトやWebメール、ファイルマネージャーにも管理画面から直接アクセスできます。

レンタルサーバーは、専門用語が多かったりと初心者のうちはけっこう困惑します。ITに苦手意識を持つ方はConoHa WINGがもっとも親切でおすすめですよ。

サポート体制

サポート体制は、万が一に備えて電話サポートがあるといいでしょう。

しっかりサポートしてくれる電話サポートは、エックスサーバー」「ConoHa WING(コノハウィング)」「mixhost」「ロリポップ!」「お名前.comです。

サーバー名電話サポートチャットサポートメール
エックスサーバー平日 10:00~18:00無し24時間365日
ConoHa WING(コノハウィング)平日10:00〜18:00平日10:00〜18:0024時間365日
mixhost平日 10:00~18:00無し24時間365日
ロリポップ!平日10:00〜18:00全日9:30〜13:00 14:00〜17:3024時間365日
ColorfulBox24時間受付(技術的な質問は不可)平日9:30~17:3024時間365日
お名前.com平日 10:00~18:00無し24時間365日
スターサーバー無し無し24時間365日
さくらのレンタルサーバ無し平日10:00〜18:0024時間365日

バックアップ

レンタルサーバーがデータを守るための機能は「RAID」「外部バックアップ」の2つに分けられます

RAIDは、複数のHDDにデータを分散して保存する仕組みです。そのため、1台のHDDが故障したとしてもデータは保存されています。

一方、外部バックアップは、名前の通り外部サーバーにバックアップを取る技術です。

バックアップに関しては以下の通り「スターサーバー」以外は搭載しています。

サーバー名自動バックテスト保存期間手数料
エックスサーバーRAID1+外部サーバーに
1日1回
Web・メールデータ:過去7日分
MySQLデータベース:過去14日分
有料
ConoHa WING(コノハウィング)1日1回(方法は不明)過去14日分無料
mixhost外部サーバーに1日1回過去14日分無料
ロリポップ!周期は選択可(方法は不明)不明11,000円
ColorfulBox外部サーバーに1日1回過去14日分無料
お名前.com外部サーバーに1日1回過去14日分無料
スターサーバー無し無し
さくらのレンタルサーバ手動設定手動設定無料

おすすめ1位 エックスサーバー

1位のエックスサーバーは、なんといっても信頼性が高いのが、大きな評価ポイントです。

インターネットビジネスラボも長年使っていますが、大きなトラブルにあったことがありません。

トラブルなく安定稼働することがにブログ運営で最優先事項といえるでしょう。

また、電話オペレーターも対応が丁寧で、困った際もすぐに対応してもらった経験があります。

ぺージ速度は、ColorfulBoxやmixhostに負けますが、WebサーバーがNginxのため十分満足のいくスピードです。

無料お試し期間もあるので、容量や料金プランに納得できるなら、まずは一度試してほしいおすすめのサーバーです。

メリット

  • 2003年のサービス開始から大きな問題なく安定稼働の信頼性
  • 転送量900GB/日とサーバーが落ちにくい
  • 開設できるWordPressの数が無制限
  • 万が一のサポートやバックアップ体制が充実している

デメリット

  • WebサーバーがNginx
  • 比較的料金が高い
  • バックアップデータの復元に手数料がかかる
  • アダルトサイトの運営が禁止

10日間無料キャンペーン実施中!

エックスサーバー公式HP

まずは無料期間をお試しください。

おすすめ2位 ConoHa WING(コノハウィング)

conoha wing

ConoHa WING(コノハウィング)は、かなり高速化された仕様でありながら、初心者にも使いやすいように工夫されたサーバーです。

2018年にリリースされたため、信頼性ではエックスサーバーには劣りますが、利用者満足度No.1といった面を見てもサポートの充実度は折り紙付きです。

利用者満足度No.1の内訳

  • 「アフィリエイター・ブロガーが使いたいレンタルサーバー」第1位
  • 「WordPress利用者満足度」第1位
  • 「サポートデスク対応満足度」第1位

※日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要:2021年2月期_ブランドのイメージ調査

エックスサーバーと比較して年間で約3,000円安くお得なのも魅力です。

入会初月は、月末までの最大1ヶ月間無料キャンペーンも行っているので、月初に入会されるほうがお得でしょう。

「ドメインって何?WordPressって何?」といった本当の初心者は、ConoHa WING(コノハウィング)を選んでみるといいでしょう。

メリット

  • WordPress利用者満足度No.1の実績
  • 初心者に優しいデザインやサポート体制
  • 転送量900GB/日とサーバーが落ちにくい
  • 開設できるWordPressの数が無制限
  • 万が一のサポートやバックアップ体制が整備されている

デメリット

  • WebサーバーがNginx
  • サービスを開始してから日が浅い
  • 運用歴が短いためネット上に情報が少ない
  • プランが複雑でわかりにくい
  • アダルトサイトの運営が禁止

充実したサポートを希望する方におすすめ!

ConoHa WING公式HP

まずは無料期間をお試しください。

おすすめ3位 mixhost

どうしてもエックスサーバー、ConoHa WING以外が良ければ、次いでおすすめはmixhostです。

mixhostは、WebサーバーにLiteSpeedを使っているため、表示速度が最速で、1日800GBと転送量が多いのも魅力です。

サーバーのスピード面のスペックは、エックスサーバー、ConoHa WINGよりも間違いなく上のため、スピードに特化する場合はおすすめです。

ただ管理画面は、初心者にはやや難しく、専門用語がわからないととっつきにくいところはマイナスです。

また、サーバーダウンが多いとのコメントもTwitterで見受けられるため、信頼面でもいまいちといったところです。

動画や画像をふんだんに使うようなサイト構築をする場合は、mixhostを検討すべきでしょう。

メリット

  • 業界最速のサーバースピード
  • WordPressが簡単にスタートできる設定がある
  • 開設できるWordPressの数が無制限
  • 万が一のサポートやバックアップ体制が整備されている
  • アダルトサイトの運営ができる

デメリット

  • トラブル報告がエックスサーバー、ConoHa WINGよりも目立つ
  • 管理画面が初心者向けではない
  • 運用歴が短いためネット上に情報が少ない
  • 無料お試し期間がない(30日間返金はある)

最速のWebサイトを作りたい方におすすめ!

mixhost公式HP

気にいらなければ30日間返金保証。

まとめ

今回の記事では、ブログにおすすめのレンタルサーバーを紹介してきました。

ブログ用に使うレンタルサーバーは、よほどのこだわりがない限り「エックスサーバー」か「ConoHa WING(コノハウィング)」のどちらかを選べば間違いありません。

また、最速を目指すのであれば「mixhost」も選択肢としてはいいでしょう。

サーバー選びはブログ運営で重要ですが、サーバー選びに迷って先に進めないのは元も子もありません。

サーバーの選定は早目に済ませて、ブログの執筆に早く取り掛かるべきでしょう。

\参考になったらポチッとお願いします!/

-ブログのつくり方
-,

© 2021 インターネットビジネスラボ