WordPressおすすめテーマ10選を紹介!テーマの選び方も解説

こんな方に読んで欲しい!

  • ブログを収益化したい!そんな時におすすめのテーマは?
  • ブログテーマの選び方がわからない

ブログアフィリエイトで成果を大きく左右するのが、WordPressテーマの選び方です。

WordPressテーマは有料・無料、公式・非公式など数千種類もありますが、ブログアフィリエイトに向いているのは10種類程度しかありません。

そこで今回は、WordPressテーマの選び方と、おすすめテーマを10個紹介します。

テーマは、後から変えるとかなり面倒なため、できればブログを立ち上げる時に確定するといいでしょう。

それでは、本編をどうぞ!

先におすすめのWordPressテーマが知りたい方は「おすすめWordPressテーマ10選」にお進みください。
もくじ

WordPressテーマの選び方

WordPressテーマは選び方によって、次の5点に影響があります。

WordPressテーマの選び方
  • 料金(無料から有料まで)
  • SEOの強さ
  • デザインの美しさ
  • カスタマイズの自由度
  • サポート面の充実度

それぞれについて解説していきます。

料金(無料から有料まで)

WordPressテーマには、無料テーマと有料テーマがあります。

基本的には有料テーマの方がデザイン性やカスタマイズ性が高く、有名ブロガーも大半が有料テーマを使っています。

そのため、ブログ収益化を目標とするなら、有料テーマを使う方が賢明でしょう。

のちほど解説しますが、Cocoonなどの無料テーマも優秀ですよ!

有料テーマは、1万円~3万円が相場となっているため、必要経費として購入するといいでしょう。

参考:有名ブロガー11名が使うサーバーとWordPressテーマを調べてみた!

SEOの強さ

WordPressテーマによって、SEOの強さが異なります。

SEOに強いテーマの方が上位表示が狙えるので、よく上位表示されているテーマを使うといいでしょう。

有名ブロガーの使っているWordPressテーマも参考にすると、上位表示しやすいテーマが見つかりますよ。

デザインの美しさ

デザイン面は、WordPressテーマによって大きく変わってきます。

大きく分けると、ブログに特化している「AFFINGER」「THE THOR(ザ・トール)」「Diver」「STORK19」などのテーマと、コーポレートサイトに向いている「Lightning」「Emanon」などのテーマにわけられます。

テーマによってシンプルなデザインから、かわいい、クール、ナチュラルなどと相性のいいデザインがあります。

カスタマイズの自由度

カスタマイズの自由度は、WordPressテーマによって変わってきます。

テーマによってウィジェットやメニューの種類の豊富さ、トップページのデザイン性が異なっていきます。

サポート面の充実度

WordPressテーマによって、サポートの充実度が異なります。

インターネットビジネスラボが使っている「AFFIGER」は、会員専用のマニュアルサイトや問い合わせフォームが用意されているだけでなく、AFFINGERを使っている個人ブロガーがカスタマイズ方法などを公開しています。

このように使用者の多いWordPressテーマは、検索すればいろいろな情報が出てくるので、困っても自立で解決できることが多いです。

おすすめWordPressテーマ10選

ここでは、おすすめの有料テーマを紹介していきます。

主にブログ向きのWordPressテーマを紹介していきますので、コーポレートサイトには向いていません。

AFFINGER6(アフィンガー6)

AFFINGER

個人のブログからオウンドメディアまで、これ1つのテーマがあれば、自在に作れるのが魅力です。

さらに詳しく!

オウンドメディアは、日本では企業が運営するウェブマガジンやブログのことを指します。

SEOに強いと言われていた前身の「AFFINGER4」の後継テーマとして生まれました。SEOにより強くなり、更にデザインのカスタマイズの幅もかなり広がりました。

 

こうしたシリーズで提供されているテーマは、実績を重ねているので安心して購入できます。このインターネットビジネスラボでも使っています。サポートサイトも充実し、web上にも情報がたくさんあるので初心者にも使いやすいテーマです。

自由度の高さから広告収益を狙うアフィリエイターからも人気が高いですね。

また、ウィジェットの設置個所が28か所以上あり、またPCとスマホの両方に対応しているショートコードなどもあります。名前からわかるようにアフィリエイトを前提に作られているので、収益化を狙うサイトを作るならこちらのテーマがおすすめです。

価格:14,800円

詳しくはコチラ

 

THE THOR(ザ トール)

FIT(フィト)と呼ばれるWEBクリエイティブチームが手掛けた有料テーマです。SEOやサイトの読み込み速度などは日本一と言われ、大人気の有料テーマです。

特に「AMP」や「PWA」「Gzip圧縮」「ブラウザのキャッシュ」「画像遅延読み込み」「CSSファイル非同期読み込み」などの独自技術により、SEOにも強いですね。これだけの機能が盛り込んであるのに、値段は安めと言えます。

高速化を実現しながら、SEOに対応している嬉しい有料テーマです。

価格:16,800円

詳しくはコチラ

 

DIVER(ダイバー)

元々は企業向けの有料テーマでしたが、一般販売されたことで一気に有名になりました。

特にアフィリエイトに力を入れているテーマで、もちろんSEOにも強いです。詳細なカスタマイズ機能とスマホ向けのレスポンシブデザインなど、かゆい所に手が届く大人気のテーマです。

だからこそ、個人にも企業にも人気があります。ランディングページなども簡単に作れるので、正にアフィリエイターのための有料テーマと言えます。

機能が充実していることを考えればコスパも良いです!

価格:17,800円

詳しくはコチラ

 

SANGO(サンゴ)

心落ちつくような柔らかなデザインが人気の有料テーマです。

Googleが提唱しているマテリアルデザインを大部分で採用していて、もっと読みたくなる不思議な魅力を持ったテーマです。

デザインをカスタマイズできるボタンや見出しなど、機能面も充実!ただし、どちらかと言うと個人ブログ向けのデザインですので、企業webサイトであれば、別のテーマが良いでしょう。

価格:10,800円

詳しくはコチラ

 

賢威(けんい)

SEO特化型テーマとして人気が高く、長い歴史があり、SEOに関して言えばトップクラスです。

ただしデザインが独特で、シリーズにはクール版やビューティ版などがありますので、デザインで選ぶのも楽しいでしょう。好みかどうかは購入の判断基準として考えてください。

価格は、他のテーマと比べるとちょっと高めです。

価格:24,800円

詳しくはコチラ

 

STORK(ストーク)

デザインが綺麗な人気のある有料テーマです。ブログのマーケッターが管理していることでも有名で、デザイン重視で選ぶのであればおすすめです。

ただし、こちらのテーマは1つのサイトにしか使えない決まりになっているので、複数のwebサイトに使う場合は、webサイトの数だけ購入が必要です。この点、注意が必要です。

とは言え、1つのサイトをしっかりと育てたいなら、STORKで魅力的なwebサイトを作ることができます!

なお、上位のテーマと比べてレイアウトの自由度が少し低い印象があります。

価格:10,800円

詳しくはコチラ

 

ALBATROS(アルバトロス)

先にご紹介した「STORK(ストーク)」と同じOPENCAGEが開発を手がけた有料テーマです。機能面ではSTORKにやや劣りますが、デザイン面ではSTORKの方がクオリティが高いです。

またウィジェットでも、設定項目が少ないのですが、その代わり価格はSTORKよりも安い価格が設定されてます。

有料テーマの中では、かなり安い価格設定ですので、初心者にもおすすめです。

なお、こちらも1サイトの使用に限定されるので、複数のサイト運営をされている人には向いていません。

価格:7,980円

詳しくはコチラ

 

JIN(ジン)

有名ブロガー「ひつじさん」によって公開されている有料テーマです。

一番の特徴は「着せ替え」ができることで、着せ替え機能を使えば、レイアウトやデザインも簡単に変更できます。

また一度買ってしまえば、複数のサイトで使い回しができるので、複数のサイトを運営している人にもおすすめです。

価格:14,800円

詳しくはコチラ

 

Emanon Pro(エマノン プロ)

ビジネスブログ向けの有料テーマです。Web集客機能に特化したテーマで、なんと1ヶ月間の集客アドバイス付き!

プラグインがなくてもお問い合わせフォームなどを作ることができます。また、初心者でも簡単にランディングページなどを作ることができます。

直感で操作できる6種類のファーストビューも魅力的です。

サイトの表示スピードも速く、軽量化もされているので、パソコンのスペック(性能)に左右されません。シンプルなデザインが人気ですね。

価格:9,800円

詳しくはコチラ

 

TCDシリーズ

TCDシリーズは、豊富なテンプレートが魅力的な有料テーマです。

有料テーマと言えばTCDシリーズというくらい知名度が高く、リアル店舗向けやブログマガジン向けなど、種類も豊富です。

テーマの種類によって価格も違いますが、一番安いテーマは8,980円からと利用しやすい値段設定です。

テーマのジャンルは40種類以上あり、きっとあなたのwebサイトに合ったテーマが見つかるはずです。

価格:8,980円~

詳しくはコチラ

まとめ

有料テーマの良いところ、ランキングを解説してきました。

まとめると、以下のような方に有料テーマをおすすめします!

ここがポイント!

  • 自分でカスタマイズできないけど、デザインにはこだわりたい人
  • カスタマイズに時間をかけたくない人
  • 中身に時間をかけたい人
  • アフィリエイトで稼ぎたい人

 

webサイトを作るとき、「なかなか有料テーマの購入に踏み切れない」という方も多くいます。

でも、本当に有料テーマが必要なのはむしろ初心者の方なんです。自分でカスタマイズするとなると、時間もコストもかかりますし、わからないことだらけで挫折する方もいます。

そんな時間や苦労、リスクを数千円~1万円くらいで避けられるなら、自分への投資として有料テーマを購入することを、絶対的におすすめします。

デザインやSEOはもちろん大事。でも1番大事なのは、あなたが読者さんに提供する記事なんです。心置きなく記事が書けるよう、そこに時間を使うことができるよう、有料テーマの購入を検討してください。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる