事業のはじめ方

【インターネット初心者向け!】独自ドメインメールアドレスの作り方と、作るべきメールアドレスを徹底解説!

こんな方に読んで欲しい!

  • 業務でフリーメールを使ってしまっている方
  • 独自ドメインのメールアドレスを作ろうとしている方
  • 新たな独自ドメインのメールアドレスが必要な方
独自ドメインのメールアドレスがほしい!どうやって作るの?

ビジネスにおいてLINEやfacebookのメッセージアプリ、チャットワークなどのチャットアプリを使うこと、増えましたよね。

僕が社会人になりたての頃(2006年前後)は、メールか電話しかありませんでした。

メールは今となっては前時代的だと僕は思いますが、メールは今でも現役で連絡手段として使われているのも事実です。また、何かのサービスに登録する時はほぼ必須です。

僕はもしかしたら古い人間かもしれませんが、メール送ろうとしたらアドレスが「@gmail.com」や「@yahoo.co.jp」のようなフリーメールだと、ちょっと抵抗があります。

「本気で仕事をする気ないのかな?」と思ってしまいます。

また、フリーメールはYahoo!やGoogleに依存するのでリスクもあります。

今回は、ビジネスにおいて必須とも言える「独自ドメインのメールアドレス」の取得方法を詳しく解説します。

すでに独自ドメインのメールアドレスを持っている方は、Gmailで送受信できるようにしましょう。独自ドメインをGmailで送受信する方法はこちらの記事で解説しています。

1. 独自ドメインメールアドレスの取得方法(エックスサーバーの場合)

いろいろなドメインを取れるサービスがありますが、今回はエックスサーバーを例に解説します。

1-1. エックスサーバーにログインする

エックスサーバーのトップページを開き、右上の「ログイン」をクリックします。

wordpressインストール&初期設定_01

 

クリックすると、「インフォパネル」が自動的に選択されますので、「会員IDまたはメールアドレス」と「インフォパネルパスワード」を入力し、ログインボタンをクリックします。

wordpressインストール&初期設定_02

 

1-2. サーバの操作メニュー「サーバー管理」をクリック

インフォパネルにログインしたら、画面の中段に「ご契約一覧」が表示されます。対象のサーバーの「サーバー管理」をクリックします。

wordpressインストール&初期設定_03

 

1-3. メールアカウント設定をクリック

「サーバー管理」をクリックすると、Server Panel(サーバーパネル)が開きますので、上段の「メールアカウント設定」をクリックします。

 

1-4. 「メールアカウント追加」タブをクリックし、メールアドレスを入力

「メールアカウント追加」タブをクリックし、4つの項目を入力します。

独自ドメインメールアドレスの作り方_06

① 作成するアドレスの、@の前を入力します。作るべきメールアドレスは次の項で。

② パスワードは、必ずメモしておきましょう。

③ 容量は、100MBもあれば十分です。というのも、メーラーで受信すればこのサーバからは削除されるから(このサーバにメールを保存しない設定にした場合)。

④ コメントと書いていますが、メモ欄です。〇〇〇用アドレスなど。

 

1-5. 作るべきメールアドレス

ビジネスを行うにあたり、以下のアドレスを作っておくと良いでしょう。

1-5-1. 個人名のアドレス

あなたが鈴木さんであれば「suzuki@xxx.com」のようなアドレスですね。名刺にも記載し、取引先やお客様との連絡に使います。名字が同じ方がいる場合は、名前の頭文字を取って「t.suzuki@xxx.com」のようにしても良いでしょう。

1-5-2. 情報発信用のアドレス

例えばメールマガジンを発行する場合など、発信用のアドレスを作ると良いでしょう。よくあるのは「info@xxx.com」ですね。ちなみに「info@xxx.com」は迷惑メールが届きやすいと言われますが、gmailで受信すれば強力なフィルターで振り分けてくれるので気にする必要はありません

1-5-3. アフィリエイト用のアドレス

アフィリエイトサービス(A8.net バリューコマースもしもアフィリエイトなど)に登録すると、かなりの数のメール(更新情報、新着情報など)が送られてきます。専用アドレスを作り登録しましょう。

 

他に用途を分けたいメールがあれば、追加で作ってください。ただ、用途を分けすぎると使いにくくなります。最初は多くても2~3で良いでしょう。

 

1-6. 確認画面を経て、追加完了

確認画面が表示されますので、「@の前」と「容量」に間違いがないか確認し「追加する」ボタンをクリックします。

独自ドメインメールアドレスの作り方_08

 

以下の画面が表示されれば追加完了です。

独自ドメインメールアドレスの作り方_09

 

「メールアカウント一覧」タブにも表示されましたね。

独自ドメインメールアドレスの作り方_10

 

メールアドレスを作ったら、必ず送受信テストを行いましょう。メールが届かないだけで損失が発生します。小さなミスが命取りになることもあります。

 

2. 作成したメールアドレスの送受信テスト(エックスサーバーの場合)

メーラーで送受信を行う設定をまだしていないので、エックスサーバーに付属するwebメールの機能を使います。先にメーラーの設定を行いたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

独自ドメインのメールをGmailで送受信する方法を徹底解説!

 

2-1. エックスサーバーに再度ログインする

いったんログアウトし、再度エックスサーバーのトップページを開き、右上の「ログイン」をクリックします。

wordpressインストール&初期設定_01

 

今度は「webメール」を選択してください。①メールアドレス と ②メールパスワード を入力する欄が表示されますので入力し、ログインします。

独自ドメインメールアドレスの作り方_12

 

2-2. 「WEBメール」を選択

これまでの画面とは違う、少し古めかしい画面が表示されますが、驚かずに「WEBメール」をクリックします。

独自ドメインメールアドレスの作り方_13

 

2-3. 送信用のメールを作成して送信

webメールの画面が開いたら、左上の新規作成のボタンをクリックします。

独自ドメインメールアドレスの作り方_14

 

宛先は、例えばヤフーなどいつも使っている(確実に送受信ができる)メールアドレスを指定します。件名と本文に「テスト」「これはテストです」などを入力し、左上の送信ボタンをクリックします。

独自ドメインメールアドレスの作り方_16

 

2-4. 受信の確認と、返信テスト

確認用メールを送信したら、今度は受信を確認します。宛先に入力したメールアドレスの受信箱を確認してください。(以下はヤフーメールの例です。)

 

次に、独自ドメインのメールアドレスで受信できることも確認しておきましょう。届いたメールに返信してみます。

独自ドメインメールアドレスの作り方_18

 

さきほど送信したwebメールの受信箱を見て、届いていれば送受信テストは完了です。

独自ドメインメールアドレスの作り方_20

 

3. まとめ

メールは、手紙(文書)に変わる仕組みとして1980年代後半から一般にも普及し始め、1990年代後半には携帯電話やPHSの普及とともに学生にまで広がりをみせましたが、それももう20年以上前の話。

よくわからないマナーやルールがいろいろあり、今となっては正直面倒です。

ただ、LINEなどチャットツールが普及したとは言え、今のところはまだ何かのサービスに登録する時などメールアドレスは必要なのです。

何度も行う操作ではないので、この操作を暗記する必要は全くありません。

またこの操作をすることがあれば、このページに戻って読み直せば良いだけです。「インターネットビジネスラボに書いてあったな、たしか。」程度に覚えといてください!

\参考になったらポチッとお願いします!/

-事業のはじめ方
-, , ,

© 2020 インターネットビジネスラボ