ブログのつくり方

SEOを意識したページタイトルの決め方

SEO

記事のタイトル、思いつきで決めていませんか?

SEOを少しでも考えたことがある方は「タイトル」が大事だということはわかっていると思います。でも、なぜ大事なのかどうすれば最適なタイトルになるのかを知らない方は多いと思います。

実際、「なんとなくこんな感じかなぁ」「とりあえずこれで良いか」など、自分の中に「基準」がないんだろうなと感じる記事のタイトルは結構見ます。

今回の記事では、記事タイトルが大事な理由2つと、4つの視点から最適なタイトルを決める方法を徹底解説します!

こんな方に読んで欲しい!

  • 記事のタイトルの考え方がわからない方
  • なんとなくでタイトルを付けてしまっている方
  • SEOを意識したタイトルの決め方を知りたい方
  • タイトルがまったく思いつかない方

 

1,なぜタイトルが大事なのか?

どんな本を見ても、どんなwebサイトを見ても、示し合わせたように「タイトルが大事」と書いてあります。

まずはなぜ大事なのか、改めて2つを解説します!

1-1、タイトルは、人が最初に見る"言葉"

ブログ記事タイトル_01_検索結果を見て何で判断するか

「ブログ記事タイトル」で検索した例

 

例えば、「ブログや記事のタイトルの付け方」がわからないので知りたいと思ったとします。

多くの方は、まずはネットで検索するでしょう。検索結果は1ページに10件表示されます。

「ブログや記事のタイトルの付け方がわからない」あなたは、「どのページに自分が必要なことが書いているのか?」もっと簡単に言えば「どのページを開こうか?」なにかを基準に考えているはずです。

上の「ブログ記事タイトル」の検索結果を改めて見て、自分はまず何を見ているか考えてみてください。

大半の方が「タイトル」をまず見ます。タイトル、見ましたか?

意識しているかどうかは別の話として、「検索結果として表示されたページのタイトルには、記事に書かれている内容が凝縮されている」ことを、あなたはこれまでの経験から知っているのです。

あなた(読み手)が知りたいことが書いてあるよ!と伝えることができる点で、タイトルは大事なんです。

 

1-2、検索エンジンがwebサイトを評価する時にも重視されている

「ブログ記事タイトル」で検索したとします。

検索結果は1億2,900万件。上位3つのページのタイトルを抜き出してみました。

  • [ブログ]記事タイトルの付け方とは? 駄目タイトルが素敵になる...
  • Webライターなら知っておくべき「読まれる」記事タイトルの...
  • 10個の実例から学ぶ!読まれるブログ記事タイトルの6つのルール

どのタイトルにも「記事」「タイトル」という、検索する時に入力したキーワードが含まれています

同じように40位までタイトルを見てみました。「ブログ」「記事」「タイトル」のキーワードが2つもしくは3つ含まれるページが39、1つだけ含まれるページが1、という結果でした。

ここがポイント!

もちろんwebサイトの評価はタイトルだけでは決まりません。

Googleが作っているアルゴリズムは単純ではないので、書かれている内容などの内的な要素、被リンクなどの外的な要素など複数の要素も合わせて評価して、順位を決め表示しています。

39のページのタイトルはそのキーワードが2つ以上含まれていることを考えると、タイトルに含まれるキーワードと内容などが合致した時に評価が高まるとすれば、検索エンジンがwebサイトを評価する時にも重視されているとも考えられます。

書いた内容に応じ、タイトルにはキーワードを必ず入れましょう!

 

2、読んでもらえる記事タイトルにするには?

記事を読んでもらうには、2つの条件をクリアする必要があります。

  • 検索エンジンに評価され、特定のキーワードで上位に表示される
  • 表示された時、人が見てクリックしたくなる

つまり、検索エンジンにも人にも配慮したタイトルを付けなければなりません。4つの視点でタイトルを考えてみましょう!

2-1、記事タイトルの文字数を30文字までにする

ブログ記事タイトル_02_文字数制限内でタイトルをつける

さきほどの検索結果をよく見てみるとと、2つはタイトルの最後に「...」と表示されています。これはタイトルが規定の文字数をオーバーし、省略されたことを意味しています。

3つ目を見ると「...」は表示されておらず、つまり省略されていません。タイトルは30.5文字(半角数字を0.5文字としてカウント)ですので、少なくとも全角30文字までは省略されずに表示されます。

このことから、記事のタイトルはできれば30字以内で、内容が伝わるようにまとめましょう!

 

2-2、記事タイトルにキーワードを入れる(特に前半に入れる)

さきほど見たようにGoogleの検索結果は30文字までしか表示されません。

ということは、30文字以降に重要なキーワードを入れたとしても、検索結果としては表示されません。キーワードが含まれないタイトルは、たとえ上位に表示されたとしても、クリックされる確率が低くなるのは簡単に想像できると思います。

キーワードは前半(30字以内)に入れましょう!

 

2-3、記事タイトルは、記事の内容を凝縮した文章にする

ここがポイント!

前項のキーワードと似ていますが、キーワードは単語、こちらは文章です。

記事のタイトルは、記事の内容を凝縮した文章にしましょう。

例えば、タイトルで煽るだけ煽っておいて記事の中身が貧弱であれば、タイトルと記事の内容に大きな違いがあり、検索エンジンでは低評価となるでしょう。

読み手から見れば、情報発信者のあなたは、いわゆるその道のプロです。プロとして恥ずかしくないレベルの記事と、それを凝縮したタイトルで、正々堂々プロを名乗れる記事を書き、タイトルを考えましょう!

 

2-4、記事タイトルに数字を入れる

数字は、ぱっと見で強力な印象を与えることができます。

「たった1時間で完成!WordPressで自分のブログを作る方法」

「超簡単!WordPressで自分のブログを作る方法」

という記事タイトルがあれば、どちらをクリックしたくなりますか?

客観的なデータや数字が出されると、その内容が何か根拠に基づいたものだと感じます。「1時間なんて出来っこない」と疑っている方も、興味があれば中身を見てみたくなり、クリックするでしょう。

なお、誇張しすぎはNGです。タイトルと記事の中身にズレがあると、やはり低評価につながります。

 

3、まとめ

タイトルが大事な理由2つと、読まれるタイトルの付け方を4つ解説しました。

いろいろ書きましたが、キーワード&数字を入れる、文章にする、30字以内にするの3つを基本として書き進めれば、問題ありません。

人からも検索エンジンからも評価されるタイトルで上位表示を目指しましょう!

\参考になったらポチッとお願いします!/

-ブログのつくり方
-,

© 2020 インターネットビジネスラボ