ブログのつくり方

【図解】エックスドメインで新ドメインを取得する手順を徹底解説!

こんな悩みをお持ちではないですか?

  • どんなドメインにすれば良いかわからない!
  • エックスドメイン(エックスサーバー)で新しいドメインを取得する方法を知りたい!

webサイトを「家だとすれば、その家を建てる土地(レンタルサーバー)と、住所(ドメイン)が必要ですね。

土地(レンタルサーバー)が準備されていることを前提に、この記事では住所(ドメイン)の取得の仕方を徹底解説します!

 

ここがポイント!

エックスサーバー契約方法の記事はこちらです。徹底解説しています!

【初心者向け】レンタルサーバー「エックスサーバー」契約の操作手順について徹底解説!

続きを見る

 

 

1,ドメインとは?

ドメインとは「住所」のようなものですが、ある程度自由に決めることができるものです。

たとえば、このwebサイトのドメインは「iblab.net」ですが、「iblab」はインターネットビジネスラボを短くしたものです。この前半部分は自由に決めることができます。後半部分の「net」は、決められた数百種類の中から選ぶことができます。

ドメイン

いろいろルールはあるのですが、最も重要なのは「重複することができない」ことです。

「iblab.net」はこのwebサイトで使っているので、他のだれも同じドメインを取得できませんし、使うこともできません。

でも例えばドットの後が違う「iblab.inc」は今のところ誰のものでもありません。取得すれば使うことができます。

 

重複することができないのは、現実の住所と一緒ですね。

 

2、どんなドメインが良いのか?

ドメインも奥が深いので、ここでは簡単に。

堀江貴文さんは「horiemon.com」、そのまんま東さんは「sonomanmahigashi.net」のようなドメインを使っています。

有名な方は名前をそのまま使っていることもあります。これは長くても覚えられるからですね。

 

誰かにURLを伝えるとして、例えばこのインターネットビジネスラボが

「iblab.net」ではなく「internetbusinesslab.net」

だったら、誰も覚えられませんよね?打ち込む時も、きっと打ち間違える確率がかなり高くなります。

もっと難しいのは、電話でメールアドレスを伝えることです。例えばあなたの名字が五十嵐(いがらし)さんだったとしたら、「igarashi@internetbusinesslab.net」になるわけです。

相手にきちんと伝える自信が全くありません・・・。

 

結論としては、

  • ご自身のビジネスに関する言葉
  • なるべく短く
  • なるべくわかりやすい

ドメインにすることをオススメします。

さらに詳しく!

後半の数百種類から選ぶ部分は、深く考えるとキリがありません。とりあえず最初は見たことのある「com(商業団体向け)」や「net(ネット関連の事業や団体向け)」、「info(情報発信をするWebサイト向け)」などにしておきましょう。

※「com(商業団体向け)」や「net(ネット関連の事業や団体向け)」、「info(情報発信をするWebサイト向け)」は、◯◯向けという位置づけはありますが、利用制限がないので誰でも何にでも使えるドメインです。

※ドメインの中には利用条件のあるドメインもあります。(「co.jp」は日本の企業、「or.jp」は会社以外の日本の法人が取得できるなど)

 

3、エックスドメインで新ドメインを取得する手順

レンタルサーバーの名前は「エックスサーバー」ですが、ドメインを取得できるサービスの名称は「エックスドメイン」です。

3-1、エックスドメインを開く

まずは、エックスドメインのwebページを開きます。

 

3-2、取得したいドメインを検索する

エックスドメインのトップページで希望するドメイン名を検索できます。入力して検索ボタンをクリックしましょう。

後半のドット以降は、決まっていれば入力してください。決まっていなければ入力しなくてもOKです。

エックスドメイン_01_トップページ

 

入力したドメインと、それを基に取得可能なドメインの候補が表示されます。

取得したいドメインにチェックを入れ、「取得手続きに進む」ボタンをクリックします。

エックスドメイン_01_ドメイン検索結果

さらに詳しく!

登録年数は1年のままでOKです。ドメインは年単位で更新する時に更新料が必要ですが、それを先に支払うこともできます。

登録年数は2年以上に変更することができますが、初期費用を抑えるために1年のままで良いでしょう。

 

3-3、ログインし、支払い手続きを行う

前回記事(エックスサーバ契約の操作手順)で会員登録は解説していますので、会員登録が済んでいることとして進めますね。

「会員IDまたはメールアドレス」と「パスワード」を入力し、「ログイン」ボタンをクリックします。

エックスドメイン_03_ログイン

 

取りたいドメインに間違いがないか、改めて確認して下さい。間違っていると泣きを見ます。次に都合の良い支払い方法を選択しましょう。

エックスドメイン_04_支払い方法の選択

今回はコンビニ支払いを選択して進めます。どこのコンビニで支払うか、姓名、カナ、電話番号、メールアドレスを入力して「お申し込み内容の確認」ボタンをクリックします。

エックスドメイン_05_支払い方法_コンビニの場合

 

さらに詳しく!

支払い方法は4つあり、都合の良い方法を選択してください。

支払い方法1 クレジットカード

すぐに決済され、すぐにドメインを取得でき、すぐに設定関係を進められ、更新する時も手続きが簡単なので、クレジットカードがオススメです。VISA、MasterCard、JCB、アメリカン・エキスプレスが使えます。

エックスドメイン_05_支払い方法_クレジットカードの場合

支払い方法2 コンビニ

印刷してコンビニに行く手間がかかりますが、支払えばすぐにドメインを取得でき、すぐに設定関係を進められます。

※公式サイトには2~3時間かかると書いてありますが、そんなに時間がかかったことはありません。

エックスドメイン_05_支払い方法_コンビニの場合

支払い方法3 銀行振込

銀行振込は自動ではないので時間がかかります。書かれているように「入金の確認が取れ次第」「最大3日程度」かかることがあるので、できればクレジットカードかコンビニで支払いましょう。

エックスドメイン_07_支払い方法_銀行振込の場合

支払い方法4 ペイジー

公共料金の支払いなどで利用することが多いペイジーを使うこともできます。こちらもコンビニと同様に、公式サイトには2~3時間かかると書いてありますが、そんなに時間はかからないと思います。

エックスドメイン_08_支払い方法_ペイジーの場合

 

3-4、内容確認など

内容を確認して、規約を読み、同意する場合は「同意する」にチェックを入れ、「申し込む」ボタンをクリックして下さい。

エックスドメイン_09_支払い方法_コンビニ支払いの確認_01

エックスドメイン_10_支払い方法_コンビニ支払いの確認_02

 

申込み内容が表示されます。同時にメールが送信されますので、そちらを確認しましょう。

エックスドメイン_11_支払い方法_コンビニ支払いの申込み完了

 

3-5、メールを確認

以下のようなメールが届きます。コンビニ支払いの場合は、振込票を印刷する必要があるので、「振込依頼票URL」をクリックし、振込票を表示します。

エックスドメイン_12_支払いに関するメール

 

こちらはセブンイレブンの振込票の例です。選択したコンビニにより様式は異なります。

エックスドメイン_13_インターネットショッピング振込票

 

コンビニで支払うと、以下のような「支払い確認のお知らせ」と「ドメイン取得完了のお知らせ」メールがすぐに届きます。

余談ですが、若い方には当たり前かもしれませんが、20年前では考えられない処理速度!感動すら覚えます。

エックスドメイン_14_支払い確認

エックスドメイン_15_ドメイン取得完了

 

3-6、取得したドメインを確認

 

取得完了メールが届いたら、画面上で確認してみましょう。トップページを開きます。

 

開いたら、右上の「ログイン」ボタンをクリックします。

エックスドメイン_16_トップページ

 

インフォパネルログインフォームが表示されますので、「会員IDまたはメールアドレス」と「パスワード」を入力し、「ログイン」ボタンをクリックします。

エックスドメイン_17_インフォパネルログインページ

 

インフォパネルが表示されたら、画面の下の方にある「ドメイン」欄を確認してください。今回、取得したドメインが表示されていれば取得完了です!

エックスドメイン_18_インフォパネル

 

3-7、取得したドメインをサーバに登録する

インターネット上の住所であるドメインは取得できましたので、土地(レンタルサーバー)と関連付けをしましょう!

 

画面中段に「サーバー」という項目があり、契約しているレンタルサーバーが表示されます。複数のレンタルサーバーを借りている場合は複数のサーバーが表示されますので、関連付けしたいサーバーの「サーバー管理」を選択します。

エックスドメイン_19_ドメイン登録

 

「サーバーパネル」が開きますので、右上の「ドメイン設定」をクリックします。

エックスドメイン_20_サーバパネル_ドメイン登録

 

ドメイン設定の画面が開いたら、「ドメイン設定追加」タブをクリックし、表示されたドメイン名欄に取得したドメイン名を入力し、「確認画面へ進む」をクリックします。

 

画面が切り替わったら、「追加する」ボタンをクリックします。

エックスドメイン_21_サーバパネル_ドメイン登録2

 

追加完了の画面です。これで、ドメイン(住所)と土地(レンタルサーバー)を関連付けることができました。エックスドメイン_22_サーバパネル_ドメイン登録3

 

4、まとめ

エックスドメインでドメインを取得する方法を解説しました。

ドメインって、取得費用と更新料が会社によって違います。もしかしたら、エックスドメインよりも安いサービスもあるかもしれません。でも、「他社で取得したドメインをエックスサーバーで使う」のは設定に手間と時間がかかります。

 

参考まで、他社(お名前.com)で取得したドメインの登録方法を以下の記事で解説しています。

参考記事:エックスサーバーに他社で取得したドメインを登録する操作手順(お名前.comの場合)

 

取得費用と更新料の価格差は、そんなに大きくありません。手間を考えたら全てエックスサーバーでまとめておいた方が楽ですし、間違いもありません。特に初心者の方には、まとめておくことを強くオススメします。

 

\参考になったらポチッとお願いします!/

-ブログのつくり方
-, ,

© 2020 インターネットビジネスラボ