ブログのつくり方

【最新版】バリュードメインで新ドメインを取得する手順・注意点を徹底解説!

こんな方に読んで欲しい!

  • Webサイトの新ドメインを取得したい!
  • バリュードメインの登録方法を確認したい!
  • ドメイン登録時の注意点を確認したい!

これから「BtoB(対企業)」「BtoC(対個人)」のビジネスを始められる方にとって、「ドメインの取得」は最優先で行うべきことです。

ドメインは主にWebサイトやメールアドレスに使われるため、名刺を作る時点では確定し、運用を開始していなければなりません。

今回の記事は、ビジネスにおける最重要な「ドメイン」について、「バリュードメイン」で新規に取得する方法を徹底解説します!

1. バリュードメインについて

バリュードメインは、GMOデジロック株式会社が提供する、ドメイン公式登録サービスです。 2001年からサービスが提供されました。

ドメインの登録件数も500万件以上と国内でトップクラスの契約数を誇ります。ドメイン登録時は、担当スタッフによるリアルタイムなチャットサポートもあるため、専門知識がなくても安心して簡単にドメインを登録できる点がメリットです。

2. バリュードメインとお名前ドットコムの違いについて

バリュードメインの運営会社は「GMOデジロック株式会社」、お名前ドットコムは「GMOインターネット株式会社」と同じGMOグループが運営しています。ドメインの登録数では日本のトップシェアを誇ります。

さらに詳しく!

2-1. ドメイン取得費用はキャンペーン次第

ドメイン取得にかかる費用は、バリュードメインもお名前ドットコムも大きな違いはありません。

両社とも結構な頻度でキャンペーンを行っていて、タイミングとドメインによっては取得費用が50円前後だったりします。

参考に通常の「取得価格」「更新価格」を載せておきます。安い方を赤字にしています。取得については「お名前ドットコム」が安いです。更新費用は同じ価格に設定されています。

 バリュードメイン
(取得)
お名前ドットコム
(取得)
バリュードメイン
(更新・年)
お名前ドットコム
(更新・年)
.com1,280円280円1,280円1,280円
.net1,480円180円1,480円1,480円
.jp2,840円1,100円2,840円2,840円
.biz1,580円299円1,580円1,580円
.info1,480円260円1,480円1,480円
.co.jp 3,780円3,660円3,780円3,780円

2-2. バリュードメインも「Whois情報代理公開設定」は無料

Whois情報公開代行とは、簡単に言えば、「ドメインの保持者(=あなた)」の情報はネット上に公開されることはなく、代わりに「バリュードメイン」の情報が公開されるというサービスです。

ドメイン取得時もしくは取得後に設定可能です。設定費用は無料!です。

 バリュードメインお名前ドットコム
取得時の設定無料でできる無料でできる
取得後の設定無料でできる有料(980円/年)

3. バリュードメインでの登録の注意点

3-1. 新規ユーザー登録後にドメイン登録がオススメ

バリュードメインで新規で登録をするときは、事前に新規ユーザー登録をしておくことをオススメします。

ユーザ登録なしで進めることもでき、ドメイン申請と一緒に新規ユーザー登録ができるようになっていますが、筆者が試した際はなぜか決済でエラーとなり、ドメインが登録ができませんでした。

一時的なエラーだと思いますが、念のため先にユーザ登録しておきましょう。

3-2. コンビニ払い等は「先払い制」

支払い方法は、

  • クレジットカード
  • Yahoo!ウォレット
  • Amazon Pay
  • コンビニ決済
  • 銀行振込

などが選択できます。

コンビニ払いなど一部の支払い方法は、「先払い」が必要です。

  1. 上記の方法で先払い
  2. バリュードメインのアカウントに入金額が反映される
  3. 反映された金額でドメイン等を購入

という流れになります。

他のドメイン登録会社では、例えば「コンビニ決済」が終わると同時にドメインを取得できます。もし、コンビニ決済を検討中の方は、他のドメイン登録会社を選択すると作業の手間が減ります

4. バリュードメインの新規ユーザー登録方法

それでは、バリュードメインの新規ユーザー登録方法について説明します。

4-1. バリュードメインのサイトにアクセスする

以下のURLから、バリュードメインのサイトにアクセスします。

4-2. バリュードメインのユーザー登録方法

ドメインの購入をする前に、ユーザー登録を行います。

4-2-1. 「ユーザー登録」をクリック

サイト右上の「ユーザー登録」をクリックします。

 

4-2-2. ユーザーアカウント作成

「ユーザーアカウント作成」画面が表示されます。

  • ユーザー名
  • パスワード
  • メールアドレス

を入力して、必要であれば「GMO IDに同時登録する」をクリックします。入力が終わったら、「入力内容を確認」をクリックします。

05_バリュードメイン_ユーザーアカウント作成

 

次に、「お支払い情報入力」画面です。

  • クレジットカード
  • 銀行振込/Yahoo!ウォレット/WEBMONEY/コンビニ払い

の2つから選択できます。

自動更新の設定は、更新忘れが無いよう「自動更新する」に設定することをおすすめします。

さらに詳しく!

支払い方法に「クレジットカード」を選択した場合、次の画面でクレジットカードの登録および有効確認を行い、「ユーザー情報入力」に進みます。

それ以外の支払い方法を選択した場合は、そのまま「ユーザー情報入力」に進みます。

 

次に、ユーザー情報を入力しましょう。項目は多いですが、1度だけですのでパパっと入力してください。

入力確認画面が表示されますので、確認してください。

 

以下のような画面が表示されます。これで登録完了です!

バリュードメイン_ユーザー登録完了

4-2-3. 認証コードの入力

バリュードメインから2通のメールが届きます。

【1通目】ユーザー登録完了のお知らせ

 

【2通目】認証コードの確認

 

バリュードメインにログインすると、以下のような画面が表示され認証コードの入力を求められます。さきほどの認証コードを入力して「認証を行う」ボタンをクリックします。

18_バリュードメイン_アカウントメール認証

 

認証に成功すると、次の画面が表示されます。これで、新規ユーザーの登録が完了しました。

19_バリュードメイン_アカウントメール認証完了

 

5. バリュードメインの新規ドメイン登録方法

続いて、新規ドメインを登録する方法について説明をします。

5-1. バリュードメインのサイトにアクセスする

以下のURLから、バリュードメインのサイトにアクセスします。

5-2. 取得希望の文字列を入力する

まずは、希望するドメインが取れるかどうか確認しましょう!

さらに詳しく!

バリュードメインンのWebサイトが表示されたら、「規模の文字列を入力」欄に、取得したいドメインを入力し、「検索する」をクリックします。

「.com」や「.jp」などは、入れても入れなくてもOK!

02_バリュードメイン_ドメイン検索

ここがポイント!

URLの文字は日本語のドメインも設定できますが、SEOの観点から英語の文字列がオススメです。

5-3. 希望のドメインをチェックする

検索結果の画面が表示されます。

見事に「取得したいドメイン」が空いていたら、「取得可能」と表示されているドメイン名をクリックします。

03_バリュードメイン_ドメイン選択

ここに注意!

「×」と表示されているドメインは選択できません。注意してください。

5-4. ドメイン取得の内容確認

ドメインの契約設定画面に移動したら、各項目を設定していきます。

「ご希望のドメイン」を確認し、「登録年数」で登録年数を設定します。

ドメイン_登録年数の設定

ここがポイント!

ドメインは、管理費が1年単位で発生しますが、これを先に支払うことができます。

執筆時点では「JPドメイン 複数年登録キャンペーン」が行われていて、ローマ字jpドメインは2年目まで約23%OFFの2,180円になります。こうしたキャンペーンも利用しましょう。

 

続いて、ドメイン名義(Whois情報)の代理公開について設定をします。

簡単に言えば、「ドメインの保持者(=あなた)」の情報はネット上に公開されることはなく、代わりに「バリュードメイン」の情報が公開されます。

無料で設定できますので、これは設定しておきましょう。

入力が終わったら、「ドメインを登録」をクリックします

入力内容確認_3

さらに詳しく!

ドメインによっては、「ドメインのレジストラを変更」という項目が出てきます。簡単に言えば、管理会社を「GMOデジロック」から「eNom」や「KeySystems」に変えることができます

一般的にはGMOデジロックのままでOKです。特別な理由がある場合のみ変更します。

申し込み完了の画面が表示されます。

入力内容確認_4_登録完了

 

5-5-1. ドメイン登録完了のお知らせ

バリュードメインから「ドメイン登録完了のお知らせ」のメールが届きます。

メールを確認したら登録完了です。

ドメイン登録完了1

6. まとめ

バリュードメインの新規ドメイン登録はクレジットカードを利用するのであれば、必要な作業も少なく簡単にできます。もし、コンビニ支払いを利用したい場合は他のドメイン登録会社を利用すれば、手間がかかりません。

ドメインは、もしかしたら一生付き合うかもしれないモノです。安定して管理してもらえる会社を選びましょう。

なお、基本的に画面に表示された内容をそのまま入力していけば登録できますが、Whois情報公開代行の設定を間違っても変更しないように気を付けてください

個人情報がネット上に公開されてしまいますので。。。


\参考になったらポチッとお願いします!/

-ブログのつくり方
-, ,

© 2020 インターネットビジネスラボ