アプリ・ソフトウェア

【Slack(スラック)】を導入したら見る!メッセージの装飾方法など基礎知識を徹底解説!

01_slack_アイキャッチ画像

こんな方に読んで欲しい!

  • Slackの使い方を知りたい!
  • Slackの使い方で重要なポイントが知りたい!
  • Slackで仕事を効率化したい!

前回の記事では、Slackの登録方法と初期設定を徹底解説しました!

「ワークスペース」や「チャンネル」など、わかりにくいカタカナも解説しています!

今回の記事では、登録が済んでいることを前提に、Slackの基本的な使い方を徹底解説します!

1. Slackを開く

もうSlackの登録は済んでいると思いますが、念のためトップページのリンクを貼っておきます。

使用する頻度が高い場合は、ブックマークに登録することをおすすめします。

また、あとで紹介しますがSlackのアプリもあるので、業務用の携帯がある方はそちらもインストールしてみましょう。

2. チャンネルの作成

前回の記事でも出てきた「チャンネル」ですが、改めて作成方法を確認しましょう!

2-1. チャンネルについて

Slackは複数の「チャンネル」によって構成されています。

「チャンネル」ごとにメンバーを決めてチャットができるため、各メンバーが必要な情報の共有を効率的に行うことができます。

  • 経理スタッフのチャンネル
  • 営業スタッフのチャンネル
  • Aプロジェクトのチャンネル
  • Bプロジェクトのチャンネル

など、チャットで連絡を取り合う最小単位だと考えてください。

2-2. チャンネルの作成操作

左メニューの「▼チャンネル」に「チャンネルを追加する」メニューがありますので、クリックします。

さらにメニューが表示されますので、「新しいチャンネルを作成する」を選択しましょう。

 

チャンネル作成画面が表示されます。

チャンネル作成画面では、以下の情報を入力します。

・名前:チャンネル名を設定しましょう。
・説明(任意):追加するチャンネルの説明を追加します。
・プライベートチャンネルにする:他のメンバーにチャンネルの存在を公開したくないときに設定します。

入力が終わったら、右下の「作成」ボタンをクリックします。

 

チャンネルを作ったら、次にメンバーを追加します。

  • (ワークスペース)のすべてのメンバー○人を追加する
  • 特定のメンバーを追加する

から選択します。

例えば、ワークスペースに所属する全員が参加するチャンネルであれば、「(ワークスペース)に参加するメンバーを自動的に追加する」をONにすれば良いでしょう。あとあとメンバーが増えても自動的に追加されるので、非常に便利ですね。

 

逆に、特定のメンバーのみのチャンネルであれば、「特定のメンバーを追加する」を選択肢、追加欄に以下の情報を入力して、メンバーを追加します。メンバーは以下の情報から検索します。

  • Slack上の氏名
  • Slack上の表示名
  • Slackに登録されたメールアドレス

メンバーは後からでも追加ができるので、この段階で追加をしない場合は「後でする」をクリックしましょう

 

メンバーの追加が終わると、チャンネルが作成されます。

 

3. メッセージなどのいろいろな送信方法

3-1. メッセージを送信する

基本中の基本!入力欄にメッセージを入力し、送信ボタンをクリックするだけです。簡単ですね。

この場合、

  • メッセージはチャンネルに参加する全員が見ることができる
  • 通知(メンション)はなし

という状態で、メッセージが送信されます。

さらに詳しく!

通知(メンション・mention)、とは「〜について言及する」という意味の英単語です。SlackなどのチャットやSNSでは、特定の人に向けてメッセージを送る手法として利用されています

 

3-2. 送信するメッセージを装飾する

Slackでは、送信するメッセージそのものを装飾することができます。目立たせたい言葉を強調したりできるのですが、これはchatworkと違う点ですね。

3-2-1. ①ショートカット

リマインダーの設定や、連携アプリからのショートカットを追加することができます。Slackを使い始めて間もない頃は、あまり使わない機能かもしれません。慣れてきたら、より効率化する際に使うことになります。

3-2-2. ②強調

Slackでは「文字を強調する」ことができます。強調したい文字を選択して、強調ボタンをクリックしましょう。

3-2-3. ③強調

Slackでは「文字を斜めにする」ことができます。

3-2-4. ④取り消し線

Slackでは「文字に取り消し線を書き加え、以前と異なることを伝える」ことができます。

3-2-5. ⑤コード

Slackで、htmlやCSS、Javascriptなど、さまざまなコードを共有する時に利用します。この「⑤コード」は、単一行のコードを共有する時に使用します。

複数行にわたるコードを共有する場合は、「⑩コードブロック」を使用しましょう。

3-2-6. ⑥リンク

Slackで、参考となるURLなどを共有する場合、リンクとして共有することで、閲覧者はワンクリックで開くことができるようになります。なお、入力欄にURLを打つと、自動的にURLとして認識されるので、あえて「⑥リンク」ボタンを押すことはほぼありません

ここがポイント!

リンクを張りたくない(文字列として共有したい)場合は、「⑥リンク」ボタンをクリックしてリンクを削除しましょう。

3-2-7. ⑦順番付きリスト

いくつかの選択肢を提示する場合などは、順番付きリストを使うと相手に伝わりやすくなります。

3-2-8. ⑧箇条書き

「順番付きリスト」は頭に「1」「2」「3」のように番号が付き順番が存在しますが、「箇条書き」は順序の関係ない物事を並べる場合に使用します。

3-2-9. ⑨引用タグ

過去のメッセージや、Web上の情報、他の人の発言など「引用部分」を明確にする際に「引用タグ」を使用します。

3-2-10. ⑩コードボックス

Slackで、htmlやCSS、Javascriptなど、さまざまなコードを共有する時に利用します。

「⑤コード」は単一行のコード追加を想定していますが、「⑩コードブロック」は複数行にわたるコードを想定しています。

3-3. 特定の人宛にメッセージを送信する

入力欄にメッセージを入力する時、右下の「@」ボタンをクリックします。

チャンネルに参加している人が表示されますので、クリックで選択します。

この場合、

  • メッセージはチャンネルに参加する全員が見ることができる
  • 選択した人に、通知(メンション)

という状態で、メッセージが送信されます。

3-4. チャンネルに参加する全員に通知する

入力欄にメッセージを入力する時、右下の「@」ボタンをクリックします。

「@channel」を選択し、メッセージを送信します。

この場合、

  • メッセージはチャンネルに参加する全員が見ることができる
  • チャンネルに参加する人、全員に通知(メンション)

という状態で、メッセージが送信されます。

さらに詳しく!

チャンネルに参加する全ての人に、必ず確認して欲しい内容を送信する時に使いましょう。重要な業務連絡とかですね。

3-5. 今、オンラインの人にのみ通知する

入力欄にメッセージを入力する時、右下の「@」ボタンをクリックします。

「@here」を選択し、メッセージを送信します。

この場合、

  • メッセージはチャンネルに参加する全員が見ることができる
  • 今現在、オンラインの人にのみ通知(メンション)

という状態で、メッセージが送信されます。

さらに詳しく!

例えば「今からランチに行きませんか?」など、今すぐに行動する場合に有効です。

3-6. ファイルを添付して送信する

入力欄にメッセージを入力する時、右下の「クリップマーク」をクリックします。

「以下からファイルを選択 > 自分のコンピューター」をクリックすると、自分のパソコンのファイル一覧が開きますので、対象のファイルを選択します。

ここに注意!

Slack上にファイルを添付すると、無料で利用できるデータ容量が圧迫されます。Google DriveやDropboxにファイルを保存して、保存先のURLを共有する方法がおすすめです。

Googleドライブアプリをインストールしておけば、Googleドライブにあるファイルの共有が楽々できます!

 

4. ログイン状態とステータスの更新

急ぎの件、メッセージしたんだけど既読にならない・・・?

ログイン状態やステータスを更新することで、あなたがどのような状態か知らせることができ、チーム内の作業効率が向上します

 

さらに詳しく!

現状が把握できれば、状況に適した連絡手段をとることもできます。

たとえばログイン状態が「離席中」であれば、「急ぎの要件をSlackではなく電話で伝える」といった判断ができます。

 

4-1. ログイン状態の切り替え

ステータスを更新するために、画面左上の名前欄をクリックして、設定メニューを表示します。

 

設定メニューの画面内で「変更する」をクリックすると、ログイン状態を変更することができます。ログイン状態は2種類で、「アクティブ」と「離席中」の切り替えができます。

 

4-2. 通知の一時停止(おやすみモード)

一定期間、通知をOFFにすることができます。

急ぎの資料を作成する時、集中して業務を行いたい時、休憩など、通知を止めることができます。ログイン状態とは異なり、設定した時間が経過すると通知が自動的にONになります。

 

4-2. ステータスの更新

今、自分が何をしているか、他の人に知らせることができます。

 

このステータス設定を行うと、あなたの表示名の横にステータスが追加されます。

39_slack_ステータスの追加

チャンネルを見ると、メンバーのステータスをひと目で確認できます。

ここに注意!

ステータスを中途半端に運用すると、設定する人がいたり、いなかったりという状況になってしまい、効率がかえって悪くなってしまう可能性もあります。チーム内でステータスの運用ルールを作り、しっかり守るようにしましょう

5. 通知音(サウンド)の変更方法

Slackで通知があると、気が付きやすくするために通知音が鳴ります。

毎回聞くことになるので、通知音は意外と重要な設定箇所です。

人によっては、デフォルトの「Knock Brush(カタカタカタ)」という音がストレスに感じる人がいるかもしれません。

 

設定メニュー欄の「環境設定」をクリックします。「通知」を選択して下にスクロールします。

下段に「サウンド&表示」という項目があり、「通知音の変更」や「ミュート設定」ができます。

 

6. スマホアプリのインストール

Slackはスマートフォンアプリを提供しています。

スマートフォンアプリを利用することで、外出先でもプロジェクトに関する動きを把握できます

Webアプリとは別にスマートフォンでの通知設定も行うことができるため、使用状況に応じて適宜変更しましょう。

slack_スマホアプリ

次のリンクから、アプリをダウンロードできます。

Slack
Slack
開発元:Slack Technologies, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

7. まとめ

Slackを使い始めるときに、実際に筆者が設定した項目、調べた項目を中心に、基本的な操作方法をまとめてみました。

 

chatworkはシンプルイズベスト。チャットツールに慣れていないメンバーが多いチームはchatworkの方が良いでしょう。

Slackは他のアプリケーションとの連携も強力で、かなり多機能。普段からパソコンを使い、GoogleカレンダーやGoogleドライブ、ZOOMなど、Web系のアプリケーションも多用しているようなメンバーが多いチームはSlackを選べばよいですね!

 

Slackの登録方法や設定方法は、情報共有するなら「Slack(スラック)」!登録方法や設定方法を徹底解説!で解説しています。

また、chatworkと比較したい方は、ビジネス特化の無料ツール「チャットワーク」の登録・使用方法を徹底解説!をどうぞ!

\参考になったらポチッとお願いします!/

-アプリ・ソフトウェア
-, , , , ,

© 2020 インターネットビジネスラボ