アプリ・ソフトウェア

情報共有するなら「Slack(スラック)」!登録方法や設定方法を徹底解説!

01_slack_アイキャッチ画像

こんな方に読んで欲しい!

  • Slackの登録や設定方法が知りたい!
  • Slackのメリットが知りたい!
  • チャットツールはどれがいいか?検討したい!

いつまでメールでのコミュニケーションを続けますか?

在宅勤務の機会も増え、Slackやchatworkの利用率がかなり上がったという記事を読みました。

メールは確かに必要なツールですが、即時性に欠ける前時代的なツールの1つです。会社のメンバーが離れていても効率的にコミュニケーションが取れるチャットツールを、この機会に導入しましょう。

今回は、ビジネスをさらに効率化できるチャットツール「Slack(スラック)」の登録方法・設定方法について徹底解説します!

1. Slackについて

Slack」とは、2013年8月に米国企業Slack社がサービスの提供を始めた、ビジネスコミュニケーションチャットツールです

新型コロナウイルスの影響で在宅で仕事をする人が急増したため、世界中でユーザーが急増しています。

Slackを提供するSlack社は、ビデオチャットサービスである「Zoom」を提供するZoomビデオコミュニケーションズと同様に、世界中から注目されているテック企業の1つです。

ここがポイント!

日本における「2大チャットツール」として挙げられるのは、「Slack」と「chatwork」です。

chatworkは、どちらかと言えばシンプルな構成であること、タスク機能があることから、国内でどんどん導入されています。

chatworkについてはこちらの記事で解説しています。

1-1. 聞きなれないカタカナが多いので、先に解説

海外スタートのシステムは、日本語版が出てもカナカナが多くて、何を意味しているかが分かりにくいことがあります

Slackでも「ワークスペース」や「チャンネル」などカタカナが多く出てきます。

 

ワークスペース?チャンネル??

と、疑問符が頭に浮かんでいる人も多いでしょう。この2つを先に解説しておきます。

1-1-1. ワークスペースとチャンネルの関係

ワークスペースとは

あなたが所属する最上位の組織だと思ってください。例えば法人化された方であれば「株式会社〇〇〇〇」とか、個人事業なら「〇〇屋」みたいな感じです。

チャンネルとは

あなたが所属し、チャットでやりとりするレベルの組織です。少し大きめ組織で考えるとわかりやすいのですが、「営業課」とか「Aプロジェクト」のような単位です。

基本ルールとして、ワークスペースの参加者が、その中のチャンネルにも参加できます。これを図に表すと、以下のようになります。

1-1-2. ワークスペースとチャンネルの関係(社外メンバーもいる)

案件によっては、社外メンバーを加えてプロジェクトを回していく場合もあります。

以下の図の「B計画」に参加するGさんは、X社の社員ではありませんが、「ゲストアカウント」を作成し、チャンネルに参加してもらっていることになります。

※有料版の機能です。

1-1-3. ワークスペースとチャンネルの関係(他社と共同プロジェクト)

ワークスペース単位が基本ですが、他社と協力して案件を進めることもあるでしょう。この場合は「共有チャンネル」を作成します。

※有料版の機能です。

イメージがわかりましたでしょうか?

では、登録を進めましょう。

2. Slackの登録方法

それでは、Slackの登録方法を手順に沿って説明します。

あなたが起業したことを想定しているので、上記の「ワークスペース」も作ることになります。

2-1. Slackにアクセス

次のWebページにアクセスします。

2-2. 無料でSlackに登録

SlackのWebページが開いたら、左中段にある「無料で試してみる」をクリックします。

有料版もありますが、組織が小さいうちは無料版で良いでしょう

ここに注意!

2020年9月時点では、右上の「SLACKを始める」をクリックすると、英語サイトにつながりますので、左側中段の「無料で試してみる」をクリックしてください。

 

2-3. Slackワークスペースを作成

「+Slack ワークスペースを作成する」をクリックします。

03_slack_slackワークスペースを作成する

2-4. メールアドレスの入力

登録するメールアドレスを入力して「確認する」をクリックします。

あくまでも業務用のコミュニケーションツールですので、会社用(業務用)のメールアドレスが推奨されています。

2-5. 認証コードの入力

先ほど登録したメールアドレスに、Slackからメールが届きます。

入力欄に認証コードを入力すると、自動で認証チェックが始まります。

3. ワークスペース、チャンネルの作成

3-1. ワークスペース名(=社名や屋号)の入力

認証に成功した後は、ワークスペースの名前を入力します。

こちらの欄には、社名や屋号を入力します。入力が終わったら「次へ」をクリックします。

さらに詳しく!

最初に書きましたが、この後でワークスペースの下に「プロジェクト(=チャンネル)」を作ることになります。

例えば、社内で「計画A」と「計画B」が走っているような場合は、

  • ワークスペースを社名
  • プロジェクト(=チャンネル)として「計画A」「計画B」

を作成すれば良いでしょう。

3-2. プロジェクト(=チャンネル)の入力

次に、プロジェクト名(=チャンネル名)を入力します。

このプロジェクト名は、登録がすべて完了した後に修正することもできます。

入力欄にプロジェクト名を入力したら、「次へ」をクリックします。

3-3. チームメンバーの追加

チームメンバー追加画面が表示されます。入力欄に、追加するチームメンバーのメールアドレスを入力します。

メールアドレスを追加したら、「チームメンバーを追加する」をクリックします。 後から追加する場合は「この手順をスキップする」をクリックします。

さらに詳しく!

チームメンバーの追加は後からでもできますが、このタイミングでチームメンバーを2人以上追加する場合は、メールアドレス入力欄の右下にある「もう1つ追加する」で2人目以降の追加が可能です。


3-4. ワークスペース・チャンネル作成完了

ワークスペース・チャンネルが作成されると以下のような画面が表示されます。

これで基本的な登録が完了しました!

4. Slackの初期設定

4-1. チームメンバーの追加

「チームメンバーを追加する」では、チームメンバーの追加ができます。

 

「送信先」欄にメールアドレスを入力して「送信」ボタンを押すと、そのメールアドレスに招待メールが送信されます。

4-2. プロフィールの設定

画面右上に表示されているプロフィール画像をクリックし、開いたメニューの「プロフィールを編集」をクリックします。

 

「プロフィールを編集」の画面がポップアップで表示されますので、次の情報を入力します。

  • 氏名(本名推奨)
  • 表示名(ニックネーム推奨)
  • 役職・担当
  • 電話番号

入力が終わったら、「変更を保存」ボタンをクリックします。

4-3. 通知や背景画像などの設定

画面右上に表示されているプロフィール画像をクリックし、開いたメニューの「環境設定」をクリックします。

通知の項目が最初から選択されているので、必要に応じて変更してください。

ここがポイント!

同様にテーマや、メッセージ作成画面でEnterボタンを押したときの挙動(メッセージを送信するか、開業するかなど)を設定できます。

5. まとめ

本記事では、Slack初回登録方法の流れと初期設定の説明をしました。

Slackは、自動編集機能コメント機能など、チームで効率的な仕事ができる仕組みがたくさんあります

初期設定が終わったら、効率的な使い方の確認と外部サービスと連携設定をすることで、より効率的に仕事ができます。

詳しい使い方や他サービスとの連携については以下の記事で徹底解説していますので、参考にしてみてください。

※現在、執筆中です。

 

 

 

\参考になったらポチッとお願いします!/

-アプリ・ソフトウェア
-, , , , ,

© 2020 インターネットビジネスラボ