ブログのつくり方

WordPressで記事全部・記事一部を限定公開にする方法を徹底解説!

WordPressで記事全部・記事一部を限定公開にする方法を徹底解説!

こんな方に読んで欲しい!

  • 限定公開の記事を書きたい!
  • 特定の人にのみ見せたい記事がある!
  • 記事の半分をパスワード付きの記事にしたい!
ページの半分は公開して、あとの半分をパスワードで保護したい。できる?

例えば、

  • 公式LINEに登録してもらう時の特典として、限定公開の記事を書きたい
  • コミュニティメンバーにだけ公開する記事を書きたい

というような「限定公開」の記事を書きたいと思ったことありませんか?

 

今回は、WordPressで作ったコンテンツ(記事)を、

  • 1記事の全てを限定公開にする方法
  • 1記事の任意の部分を限定公開にする方法

について、徹底解説します!

 

\記事を読む前にクリックで応援してください!/

1. 限定公開の記事を作るのはなぜか?

Question

 

1-1. 日本人は「限定」に弱い!!

「期間限定」「数量限定」「タイムセール」など、数や時間で区切られていると、ついつい手を伸ばしてしまうのです。

 

Web上でも同じことが言えます。人は「限定公開」に弱い!

一般に公開されていない情報は、ひと手間かけても知りたいという思いがあります。

 

1-2. お客との関係を深めることができる

何かを販売するにしても、何かを紹介するにしても、あなたが信頼されていることが前提条件です。

信頼できない人からは、何も買わないし、登録もしません。

 

例えば、メールマガジンでもLINEメッセージでも「○○さん、こんにちは。」と名前を表示するだけも、「自分だけに向けた特別なメッセージ」だと感じます。それにより信頼性が増すことになります。

また、特別なプレゼントがもらえたり、有益な情報が更新されたりなど個別に対応することで、あなたの「ファン」になります。

 

お客との関係を深めていれば、必要性と有用性を訴求することで、多少高額であっても買ってもらえるようになります。

収益を上げるには、まずお客との信頼性を築く必要があります。

 

2. 1記事の全てを限定公開にする方法

記事の全てを限定公開する場合は、WordPressの標準機能で対応できます。

 

2-1. 設定方法

標準機能なので、非常に簡単です。

限定公開の記事を書き終えたら、「公開状態」の「編集」をクリックします。

 

次に、「パスワード保護」をクリックで選択し、パスワードを入力して「OK」ボタン。

最後に「公開(publish)」をクリックします。

 

2-2. 公開状態の確認

記事にパスワードをかけて、記事全体を非公開にした場合、以下のような画面が表示されます。

 

パスワードを入力して「確定」ボタンをクリックすると、記事が公開されます。

 

会員向けであれば、会員の方にURLとパスワードをお知らせすればOKです!

ここがポイント!

複数の記事を限定公開にする場合、パスワードの管理が重要です。

ある記事のパスワードは「1234」、別の記事のパスワードは「0000」、また別の記事は「9999」のようにバラバラにすると、運用が面倒です。

複雑な運用は慣れてから!最初はシンプルに同じパスワードで運用しましょう。

 

2-3. 「パスワード保護」のパスワードを一括変更する方法

WordPressの「パスワード保護」でパスワードを設定した場合、記事ごとに設定しているので、パスワードの変更がとてもとても時間がかかります

そんなときは、「Replace Protected Password」プラグインを使いましょう!

 

Replace Protected Passwordは、「パスワード保護」のパスワードを一括変更できるWordPressプラグインです。

設定されているパスワード別に変更でき、同じパスワードが設定されている投稿や固定ページのパスワードを一括変更できます。

 

パスワード別に変更できるので、例えば、

  • 「1234」のパスワードを設定しているコンテンツ(記事)は、「5678」に変更
  • 「0000」のパスワードを設定しているコンテンツ(記事)は、「9999」に変更

というようなことが、手間なく簡単にできます!これは便利。

 

3. 1記事の任意の部分を限定公開にする方法

「情報」や「作品」を投稿し、有料販売できる「note」では、「前半部分を公開し読者の興味を引き、後半の有料部分を購入させる」という手法がよく使われます。

このような感じのものです。↓↓

 

WordPressの記事の後半を有料販売するかどうかは別として、例えば、

後半を読むためのパスワードは、「公式LINE(もしくはメールマガジン)」に登録いただいたら、お知らせします!

というような流れで、登録を促すことができます。

 

WordPressの標準機能では「途中から限定公開にする」ことはできませんので、「Passster – Password Protection」プラグインを使いましょう。

 

3-1. プラグイン「Passster – Password Protection」の導入方法

では、「Passster – Password Protection」をインストールしていきましょう!

まずはプラグインを導入するためのページに移動します。

 

左側の管理メニューより「プラグイン」の「新規追加」をクリックします。

検索窓に「Passster – Password Protection」をコピペしてください。

プラグインが表示されたら「今すぐインストール」をクリックします。インストールが終わったら有効化してください。

 

3-2. プラグイン「Passster – Password Protection」の使い方

オプション画面が表示されますが、初期設定のままでOKです。

使い方は非常に簡単です。限定公開にしたい部分を、

で挟むだけです。パスワードは、任意の英数字を指定してください。

 

以下のように、限定公開したい部分をショートコードで囲みます。

 

すると、以下のように表示されます。パスワードを入力すると限定公開の部分が表示されます。

3-3. 英語表記を日本語表記に変える方法

初期設定のままだと、表示される言葉が英語です。

WordPressの「外観」>「Passster」から変更できますので、試してみてください。

 

【変更前】

 

【変更後(例)】

htmlも使えるので、LINEのボタンなども設置可能です。改行は<br>ですね。

ここに注意!

投稿画面の右側に「Passster(Page Protection)」という項目がありますが、Activate(アクティベート)するとページ全体が限定公開になってしまうので、気を付けてください。

 

4. まとめ

今回は、WordPressで「記事の全てを限定公開にする方法」「記事の一部を限定公開にする方法」を開設しました。

日本人はもともと「限定」に弱いと言われています。

「限定公開」にし「特別にあなたにだけに公開します!」とすることで、嬉しさを感じ、信頼性が増し、さらにコンテンツの内容が充実していればあなたの「ファン」になっていきます

何かを販売するにしても、何かを紹介するにしても、あなたが信頼されていることが前提条件です。

まずは信頼を獲得すること。何をするにしても、これに尽きます。

 

WordPressの標準機能「パスワード保護」で記事全体の限定公開ができます。また「Passster – Password Protection」プラグインを使えば、任意の部分を限定公開にすることもできます!

会員限定コンテンツを作る際に、試してみてください!

\参考になったらポチッとお願いします!/

-ブログのつくり方
-, ,

© 2021 インターネットビジネスラボ