ブログのつくり方

【Insert Pages】アフィリエイトでも大活躍!定型文が何度でも使えるWordPressプラグインを徹底解説!

こんな方に読んで欲しい!

  • お知らせやキャンペーンなど、たびたび変更がある記事を効率よく管理したい
  • 掲載期間に限りがあるアフィリエイト記事をリンク切れにしたくない
  • 自分のブログの別の記事を文章内で紹介したい

ブログ内で同じ内容の文章を書くことは思いのほか多く、しかもどの記事に同じ内容を書いたのか覚えておくのは大変です。

今回は繰り返し使う同じ内容の文章を効率よく管理できるWordPressプラグイン「Insert Pages」を紹介したいと思います。

1. Insert Pagesのメリット

Insert Pagesは固定ページやブログの投稿、カスタム投稿などの一部または全部を別の記事にショートコードを使って簡単に掲載ができるプラグイン、手作業で何度も同じ文章を打つのに比べて効率的に作業できます。

ここがポイント!

Insert Pagesで管理している文章は記事とは別に管理されているので、Insert Pagersの記事管理画面で内容を変更すれば全ての掲載が変更されます。

Insert Pagesはこのようなシーンで便利に使えます。

  • 会社やお店の告知文やメンバー紹介
  • 記事本文に掲示するアフィリエイト広告
  • ブログのSEO対策として内部リンクに使う

2. Insert Pagesの導入方法

Insert PagesはWordPress公式プラグインなので、WordPress管理画面>プラグイン>新規追加 から簡単にインストールできます。

2-1. Insert Pagesのインストール方法

右側のキーワード検索テキストボックスで「 Insert Pages」と検索すると一番目にヒットしますので、「今すぐインストール」をクリックし、有効化します。

インストール済みプラグイン一覧に Insert Pages が表示されていればインストール完了、このプラグインは初期設定を変更したほうが効率よく使えます。

2-2. Insert Pagesの初期設定

ここがポイント!

下記はInsert Pagesの当サイトでの設定内容、初期設定のままでも使えますが下記のように設定してもらえれば当サイトと同じ環境で作業できます。

2-2-1. Shortcode format (ショートコードフォーマット)

記事の指定方法にスラッグ記事IDのどちらをを利用するかを選択する項目、直感的に使いやすいと思ったほうを選択してください。(当サイトでは2番.ページIDを選択します)

  1. Use page slugs (ページのスラッグを使用します)
  2. Use page IDs (ページIDを使用します)

2-2-2. Wrapper for inserts (インサート用ラッパー)

Insert Pagesではショートコードを使って記事を挿入しますが、その記事がどのようなHTMLタグで表示するかを選択する項目です。

HTMLの詳しい説明は省略しますが、1番はブロックとして、2番は文章の一部として表示されます。(当サイトでは1番.ブロックラッパーを選択します)

  1. Use block wrapper (ブロックラッパー divタグを使って囲みます)
  2. Use inline wrapper (インラインラッパー spanタグを使って囲みます)

2-2-3. Insert method (挿入方法)

Insert Pagesは他のプラグインを使うことで、視覚的によりわかりやすいレイアウトで表示させることができます。

ここに注意!

Beaver BuilderPage Builderなど、レイアウトを調整するWordPressプラグインを使用する場合は1番を選択、そうでない場合は2番を選択してください。 (当サイトでは2番.通常の方法を選択します)

  1. Use legacy method (古典的な方法)
  2. Use normal method(通常の方法)

2-2-4. TinyMCE filter (TinyMCEフィルター)

文字装飾関連の項目、Page Builderを使用している場合は2番、そうでない場合は1番を選択してください。(当サイトでは1番.通常の方法を選択します)

  1. Use normal method (通常の方法を使用します)
  2. Use compatibility method  (互換性メゾットを使用します)

2-2-5. Gutenberg block (グーテンベルグブロック)

ブロックエディタ(グーテンベルグ)と旧エディタのどちらを使うかを選択する項目です。(当サイトでは1番.グーテンベルグブロック有効を選択します)

  1. Enable Insert Pages Gutenberg block (グーテンベルグブロックを有効)
  2. Disable Insert Pages Gutenberg block (グーテンベルグブロックを無効)

3. Insert Pagesの使い方

Insert Pagesは旧エディタと新エディタ(グーテンベルグ)どちらにも対応しますが、旧エディタは使い方がわかりやすく新エディタは素早く作業できます。

3-1. 旧エディタでのInsert Pagesの使い方

記事投稿画面を旧エディタで開くと、下記画像のようにエディタにアイコンが追加されているのでクリックします。

下記はInsert Pagesの操作画面、使い方は①Slug or IDに一覧の中から記事を選んで、②Displayに表示させたい内容を一覧から選んでInsert Pageボタンを押すだけです。

本文中にショートコードが挿入され、プレビューで確認すると記事本文に定型文が入っていることがわかります。

3-2. グーテンベルグでの使い方

ここに注意!

新エディタ(グーテンベルグ)にはInsert Pageのアイコンや操作画面は表示されないので、下記のように本文中にショートコードを打ち込みます

投稿IDはWordPress管理画面>投稿>投稿一覧から確認できます。

3-3. Display表示項目の詳細説明

Displayで指定する表示項目は旧エディタ、新エディタ共通で下記から選び入力します。

3-3-1. title (記事タイトル)

リンクのない記事タイトルが表示されます。

3-3-2. link (記事へのリンク)

記事本文へリンクした記事タイトルが表示されます。

3-3-3. excerpt with title (タイトルと抜粋記事)

記事本文にリンクした記事タイトル抜粋記事が表示、ブログの抜粋記事欄に別の記事がある場合はそちらを表示、抜粋記事欄に記入がない場合は本文を表示します。(抜粋記事とメタディスクリプションは区別されます)

3-3-4. excerpt-only (抜粋記事のみ)

抜粋記事だけを表示、excerpt with titleと同様抜粋記事欄の記入が優先されます。

3-3-5. content (記事本文)

像を含む記事本文を表示します。

3-3-6. post-thumbnail (アイキャッチ画像)

記事のアイキャッチ画像を表示します。

3-3-7. all (全部)

リンクのない記事タイトルと本文など記事の全部が表示されます。

4. Insert Pagesの実践的応用例

Insert Pagesは様々な応用が可能なプラグインですが、今回は一例として作業時間10分でできるお店のスタッフ紹介を作ってみました。

アルバイトなどの入れ替わりの多い従業員紹介はInsert Pagesで作ると変更や削除が簡単です。

4-1. お店の固定ページにスタッフ紹介

WordPress管理画面>投稿>新規作成からスタッフの紹介記事を作ります。

WordPress管理画面> 固定ページ>新規作成からスタッフ紹介ページを作り、Insert Pagesでスタッフ記事を選択して表示方法に記事本文を指定します。

簡単にスタッフの紹介ページができました。

5. まとめ

Insert Pagesはあらかじめ作っておいた記事をショートコードを使って簡単に別の記事の一部分へ挿入できるプラグインです。

この機能を利用して今回紹介したようなスタッフ紹介やキャンペーン告知、またはアフィリエイト広告の管理や別の記事への内部リンクにも利用できます。

同じ記事を何度も書いているようならInsert Pagesを使ってみてはいかがでしょうか?

\参考になったらポチッとお願いします!/

-ブログのつくり方
-

© 2020 インターネットビジネスラボ