SEO(検索エンジン最適化)

SEOの基礎!Google検索の特徴や歴史を知ろう!

こんな方に読んで欲しい!

  • Google検索のアルゴリズムについて知りたい!
  • Google検索の歴史を知りたい!
  • Google検索アルゴリズムの、今後の方針が知りたい!

SEOとは、Search Engine Optimization の頭文字を取った略称です。「検索エンジン最適化」と訳されることが多いです。

SEO(検索エンジン最適化)とは?

Google検索などの検索サイトで検索した時に、対象のWebサイトが上位に表示されるように構成などを調整することを指します。上位に表示されるとたくさんの人に見てもらうことができ、例えばECサイト(ショッピングサイト)であれば、売り上げの向上が見込めます。

 

「検索エンジン」は、Google検索はもちろん、bing(Microsoft)やBaidu(中国最大手)、Yandex(ロシア最大手)などがあります。

日本では、Google検索の使われる割合が約92%(※)あり、「SEO(検索エンジン最適化)は、Google検索エンジンのアルゴリズム(ルール)に対応すること」と言っても過言ではありません。

※Yahoo!もGoolgeの検索アルゴリズム(ルール)を採用しており、合算すると利用率が約92%にもなります。

これからSEOを学ぶのであれば、まずSEO」と「Google検索」がどのような関係があるのか、知っておきましょう!

 

今回の記事では、「SEO」と「Google検索」のふか~い関係を紐解きます。

SEOとGoogle検索の関係を学び、より効果のあるSEO(検索エンジン最適化)を行えるようにしましょう!

1. Google検索の誕生と進化

Google検索は、日本において約92%という、とても大きいシェアを誇る検索エンジンです。

人は知りたい事がある時にインターネットで検索しますが、Google検索は「検索のスピード」と「適格な検索結果」が評価され、たくさんの人に使われています。

このことから、「SEO(検索エンジン最適化)は、Google検索エンジンのルールに対応すること」と言われます。

さらに詳しく!

 

では、Google検索の誕生、SEOとの関係を紐解いていきましょう!

1-1. Google検索の誕生!

時は1990年代初期。

インターネット聡明期(れいめいき。インターネットが始まった頃)は、Yahoo!カテゴリなどのディレクトリ型検索エンジンが主流でした。

ディレクトリ型検索エンジンとは?

人が、Webサイト1つ1つの詳細をデータベースに登録し、カテゴリー別に表示する検索エンジンです。人が登録するためとても手間がかかり、爆発的に増えるWebサイトに対応しきれなくなっていきます。

 

そんな状況の中、1997年にGoogleというロボット型検索エンジンが登場します。

ロボット型検索エンジンとは?

インターネット上にあるWebサイトの情報を「クローラー」と呼ばれるプログラムが自動的に収集し、データベース化します。ユーザーが何かを検索すると、その検索ワードをもとに、データベース化した情報の中から適切だと判断された情報を検索結果として表示します。

Googleの検索エンジンは、「そのWebサイトへのリンク(被リンク)が多ければ多いほど、価値がある」という判断基準を決め、この判断基準を「ページランク」と呼ぶことにしました。

 

当時はとても画期的で、検索する人にとって価値のあるWebサイトが上位に表示されやすくなり、圧倒的なシェアを獲得していきます。

ここがポイント!

とは言え、当時の検索結果は、今と比べるとかなりレベルの低いものです。ここからGoogleは、いかに価値のある(意味のある)Webサイトを表示させるか、試行錯誤を繰り返していくことになります。

1-2. Google検索のシェアを後押ししたもの

その後、Google検索はアルゴリズムをアップデートし続け、より価値のあるWebサイトが検索結果の上位に表示されるようになりました

それに加え、もう1つ評価を受けたポイントとして「Googleアドワーズ(現在のGoogle広告)」があります。

このGoogleアドワーズは、

  • あらかじめ決めたキーワードが検索されたときに、広告を表示する
  • 表示された広告がクリックされた場合にのみ、広告費が発生

という2つの斬新な特徴があり、広告を出す多くの企業から支持されました。

独自のビジネスモデルを創り出したGoogle検索は「検索+広告」で高く評価されています。

検索エンジンに大きな変革をもたらしたGoogle検索は、今でも検索エンジン市場のトップを走り続けています。

1-3. Google検索のアルゴリズムについて

Google検索は独自のアルゴリズム(ルール)があり、代表的なものとして以下のようなものがあります。

  • コンテンツの独自性
  • 外部ドメインからのリンクの数と質
  • ドメインの評価(あなたのWebサイト全体の評価)
  • 特定のWebページのキーワード
  • Webサイト全体でのキーワード
  • URLに含まれる単語
  • Webサイトのアクセス数

この7つはSEOを行う上で、とても大事な考え方です

上記を意識してWebサイトの構築、記事のライティングを行うことで、検索の上位に表示される可能性が高まります。

さらに詳しく!

2. SEOは、Google検索を意識して行おう!

2-1. Google検索アルゴリズムのアップデート

Google検索のアルゴリズムも、日々進化しています。大きなアップデートが行われる時は、ニュースになったりもしますよね。

今までもGoogle検索アルゴリズムのアップデートによって、SEOも大きく変わってきました。

特に以下の3つのアップデートは、SEOに大きな変化をもたらしたと言われています。

2-1-1. パンダアップデート

パンダアップデートは、2011年に初めて実施されたもので、現在でも1カ月に1回ほどの頻度で継続的にアップデートされています。このパンダアップデートは、低品質なサイトの掲載順位を下げ、高品質なサイトの掲載順位を上げることを目的としたものです。

例えば、プログラムによって自動的に作られた意味のないWebページや、無断でコピーされたWebページ、独自性の無いWebページなどの検索順位が下げられました。

このアップデートにより、SEO(検索エンジン最適化)つまり「上位に表示するための手法・方法」も大きく変わることとなりました

2-1-2. ペンギンアップデート

パンダアップデートの翌年、2012年にはペンギンアップデートが実施されました。過剰にキーワードを詰め込んだWebページ・Webサイトと、外部からのリンクを不正に増やす行為に厳しくなりました

ペンギンアップデートは2016年まで継続され、それ以降はコアアルゴリズム(アルゴリズムの基本となる部分)に組み込まれたので、今も継続的に不正なWebサイトはペナルティが課されたり、検索結果に表示されなくなったりしています。

2-1-3. コアアルゴリズムのアップデート

2018年3月には、コアアルゴリズム(アルゴリズムの基本となる部分)のアップデートが発表されました。それまでも年に数回、広範囲に影響するアップデートを実施していることがわかりました。

この発表時、twitterには以下のようなアドバイスが投稿されています。

There’s no “fix” for pages that may perform less well other than to remain focused on building great content. Over time, it may be that your content may rise relative to other pages.

優れたコンテンツの作成することに集中し続ける以外に、順位が下がる可能性のあるWebページへの対応方法はありません。時間の経過とともに、コンテンツが他のページと比較して上昇する可能性があります。

ユーザーに支持され、かつGoogleの検索結果の上位に表示させるには、価値のあるWebページ・Webサイトの構築を続けていくこと以外に方法は無い、ということです。

 

チート(いかさま)のような方法で一時的に表示順位が上がっても、ペナルティは必ず課せられます。実直に継続することがSEOの最短ルートなのです。

2-2. 価値の無いWebサイトは徹底的に排除される

Google検索は、以下の方法で価値のないWebページにペナルティを課したり、排除したりしています。

  • クロールロボットによる自動検知、自動対処
  • サーチクオリティチームによる人力検知、対処

キーワードを過剰に詰めこむ、外部からのリンクを大量に導入するなどの不正なSEOを行うサイトは、こうしたGoogleの対応で上位に表示されることはありません。

 

さらに詳しく!

サーチクオリティチームは、以下のGoogleの品質ガイドラインに沿って、ロボットで対処できない問題に対応しています。(目次の抜粋)

また、スパムレポートフォームからの苦情も参考にします。ユーザーから寄せられる不正なリンクやSEOの苦情を元に、対策を施していくのです。

このように、Googleはロボットと人の力を合わせて不正なSEOを検知し、対策をしています。

2-3. 検索範囲の拡大

Googleは、拡大する世の中のたくさんのニーズに対応するために、ユニバーサルサーチを導入しました。

ユニバーサルサーチとは?

従来のWebページだけではなく、検索結果にWebページ以外の情報(コンテンツ)を表示する機能です。 2007年に初めて導入され、動画、画像、ニュース、ショッピング、地図、地域情報などを、Webページの検索結果と一緒に表示されています。さらに広い情報(コンテンツ)の検索が可能となりました。

検索結果に表示される範囲がかなり広がりましたので、「地図からユーザーを獲得する」「ショッピングからユーザーを獲得する」など、複数の誘導ルートを作り出すことができるようになりました。

例:「車」で画像検索をした場合

例:「東京駅」を地図検索した場合

 

2-4. モバイルファーストインデックス(Mobile First Indexing)

Googleは、2018年からモバイル向けのWebサイトを検索インデックスとして採用し始めました。

それまでGoogleは、パソコン用のWebサイトを検索インデックスとして利用していましたが、今後はスマホやタブレットなど「モバイル端末向けのWebサイト」が重視されます。

 

2019年7月以降のすべての新規サイトは、モバイルファーストインデックスが有効になっています。それ以前から存在するWebサイトも、2020年中には有効となる予定です。

さらに、2021年3月には、Googleはパソコン用のWebサイトを検索インデックスとして利用しなくなる予定です。つまり、今後のWebサイトの運営には、モバイル向けWebサイトは必須となります。

今後も、モバイルサイトを重視するGoogleのビジョンは続いていくことが見込まれます。

3. まとめ

Google検索は、1990年代の登場以来、ユーザーの利便性を高めるためにアップデートを繰り返してきました。

その結果、ユーザーの支持を集め、日本においてはシェア率が約92%もあります。

検索エンジンはGoogle検索以外にもありますが、シェアが約92%もあると「SEO=Google検索エンジンのルールに対応すること」と言っても過言ではありません。

 

SEOはGoogle抜きでは語れません。もちろん今後もユーザーのニーズやGoogleの考え方により、Googleのアルゴリズムはアップデートされます。

常に情報収集をし、Googleの方針を理解し、アップデートによる変更に付いていくことで、継続的で効果的なSEOを実施することができるようになります

専門家ではなくてもWebサイトの運営者であれば、歴史を知り、Googleを知り、最新の情報にアンテナを張っておきましょう!

\参考になったらポチッとお願いします!/

-SEO(検索エンジン最適化)
-, ,

© 2020 インターネットビジネスラボ