事業のはじめ方

Facebookページの作成と初期設定の方法を解説!

こんな方に読んで欲しい!

  • Facebookページを作って情報発信したいと考えている方
  • 20代後半から30代くらいをターゲットとするビジネスを展開している方

あなたはきちんと情報発信、できていますか?

Webサイトでの発信はもちろん、メールやFacebook、Twitter、Instagram、LINEなど、さまざまな方法があります。

今回は、投稿をシェアしたり、コメントするなどしてお客さまへの情報発信とコミュニケーションを取ることができるFacebookページの作成方法を徹底解説します!

 

1. Facebookページを作るための準備

Facebookの個人のアカウントはお持ちですか?

Facebookページは、個人アカウントに紐づけて作成しますので、まずは個人アカウントを作成してください。Facebookのトップページから作成できます。

 

2. Facebookページを作る

個人アカウントが準備できたら、さっそくFacebookページを作成しましょう!

2-1. 個人アカウントでログインし、Facebookページ作成画面を開く

個人アカウントでログインしたら、上部のメニューバーの一番右に、下向きの三角マークがあります。

これをクリックすると、画像のようにさらにメニューが表示されますので「ページを管理」をクリックします。

【2019年版】Facebookページの作成方法_01

 

ページの管理画面が表示されます。すでにページを作っていればその一覧が表示されます。上部にある「+Facebookページを作成」ボタンをクリックします。

【2019年版】Facebookページの作成方法_02

 

2-2. あなたのビジネスに合わせて情報を入力する

あなたが行うビジネスによって項目が変わります。

まずは作成しようとしているFacebookページが、「ビジネスまたはブランド」なのか「コミュニティまたは公人・著名人」なのかを選択します。

例えばこのインターネットビジネスラボは、弊社のwebサービスであり、ブランドでもあるので「ビジネスまたはブランド」を選択します。料理店やカフェ、物販店、または会社のFacebookページを立ち上げる場合も「ビジネスまたはブランド」ですね。

地域のサッカーや野球のチーム、学校の部活やサークルなどでの情報発信・共有を目的にするのであれば、「コミュニティまたは公人・著名人」を選択します。

【2019年版】Facebookページの作成方法_03

 

選択すると、その部分が切り替わりますので、必要な情報を入力します。「ビジネスまたはブランド」だと、「Page Name」と「Category」という項目が表示されますので、「Page Name」にはサービス名などを入力します。

「Category」は、単語を入力すると候補が表示されるので、そこから選択してください。

【2019年版】Facebookページの作成方法_04

ここに注意!

この「Category」は表示される選択肢から選択することになります。自分の好きなカテゴリー名が登録できるわけではありません。

例えば「ビジネス」と入力すると、次の画像のように候補が表示されますので、ここから選択します。

また、選択するカテゴリによっては、追加で住所などの入力が必要です。出てきた項目を入力してください。

【2019年版】Facebookページの作成方法_04_2

 

2-3. プロフィール写真を登録する

見た目の印象って本当に大事。人と会った時も「第一印象は悪かったけど、ちょっと話してみたら違った」ということは、なかなかないですよね。Facebookページも同じです。プロフィール写真やカバー写真が未登録だと印象も悪く、もしかしたら記憶にも残らないかもしれません。

第一印象が全てだと思ってください。ということで、プロフィール写真を追加します。「プロフィール写真をアップロード」をクリックして、画像を選択してください。もしも、あとから登録するのであれば「スキップ」を選択してください。

【2019年版】Facebookページの作成方法_05

ここがポイント!

プロフィール写真の推奨サイズは、170x170ピクセルです。広告や投稿を表示する画面では、丸くトリミングされますので、四隅が切り取られても問題のない写真(画像)を準備してください。

【2019年版】Facebookページの作成方法_05_2

 

2-4. カバー写真を登録する

プロフィール写真と同様に、見た人の第一印象が全てです。ということで、カバー写真も追加します。「カバー写真をアップロード」をクリックして、画像を選択してください。もしも、あとから登録するのであれば「スキップ」を選択してください。

【2019年版】Facebookページの作成方法_06

ここがポイント!

カバー写真は、パソコンでは幅820ピクセル × 高さ312ピクセル、スマートフォンでは幅640ピクセル × 高さ360ピクセルの大きさで表示されますので、大きい方(幅820ピクセル × 高さ312ピクセル)に合わせて準備しましょう。

 

プロフィール写真、カバー写真を登録するとこんな感じになります。

【2019年版】Facebookページの作成方法_07

 

2-5. Facebookページを非公開にする

何も投稿されていないFacebookページは、ぱっと見では「放置されている」ように見えるでしょう。これもやはり印象が良くありません。そこで、作成したFacebookページをいったん非公開にしましょう。

 

作成したFacebookページの右上にある「設定」をクリックします。

【2019年版】Facebookページの作成方法_07

 

設定画面が開きますので、右上の「公開範囲」項目の「編集する」をクリックします。

【2019年版】Facebookページの作成方法_08

 

「ページは公開されています」「ページは公開されていません」の2つが表示されますので、「ページは公開されていません」を選択して「変更を保存」をクリックします。

【2019年版】Facebookページの作成方法_09

 

非公開にする理由を聞かれますが、「このページはまだ準備中」を選択して「次へ」をクリックしてください。

【2019年版】Facebookページの作成方法_10

 

次に「必要な物」を聞かれますが、チェックをせずそのまま「非公開にする」をクリックしてください。

【2019年版】Facebookページの作成方法_11

 

3. Facebookページを公開するための準備をする

非公開の状態ですが、Facebookページは作成できました。ここからは公開に向けて準備をしていきましょう!

 

3-1. ユーザーネーム(URL)を設定する

FacebookページのURLは、ページを作成してすぐはこんな感じです。

https://www.facebook.com/ページの名前-406366283639999/

ページの名前が日本語でもそのままURLに入ってしまいますし、その後に数字が15桁これはとても伝えにくいですし、教えてもらった人も入力したくないですよね。もっとわかりやすいURLにするためにも、ユーザーネームを設定しましょう。

 

メニューが隠れているので、左メニューに表示されている「▼ さらに表示」をクリックし、表示された「ページ情報」をクリックします。

【2019年版】Facebookページの作成方法_15

 

「基本データ」の「一般」という項目に「ユーザーネーム」がありますので、「Facebookページの@ユーザーネームを作成」をクリックしてください。

【2019年版】Facebookページの作成方法_17

 

ポップアップでユーザーネームの設定画面が出てきます。ユーザーネームは

  • 英数字(A~Z、0~9)、ピリオド(.)が使用可
  • 5文字以上

で設定できます。短くわかりやすいユーザーネームにしましょう。

【2019年版】Facebookページの作成方法_18

 

3-2. 閲覧者のアクション(行動)を促すボタンを設置する

Facebookページを作る目的はなんでしょうか?あなたのビジネスによってFacebookページの目的は変わります。予約、広報、集客、販売、ダウンロードなど、その目的に応じてアクション(行動)を促すボタンを設置します。

  • 予約を増やす:Facebook上での予約、もしくは予約ページへの誘導
  • 連絡を増やす:Facebook上での問い合わせ、もしくは電話やメール
  • ビジネスについてもっと知ってもらう:動画の再生、もしくはwebサイトへの誘導
  • 購入を増やす:ショップページやクーポンページへの誘導
  • アプリやゲームのダウンロードやプレイヤーを増やす

 

ここでは、自社webサイトの問い合わせページへの誘導を想定し、設定します。まずは、カバー写真の右下部分にある「+ボタンを追加」をクリックします。

【2019年版】Facebookページの作成方法_19

 

「+ボタンを追加」をクリックすると「ステップ1:利用者に表示するボタンは?」と表示されますので、「予約を増やす」「連絡を増やす」「ビジネスについてもっと知ってもらう」などからボタンの内容を決めます。

今回は「連絡を増やす」で設定していきます。自社webサイトの問い合わせページにリンクを張ります。「連絡を増やす」を選択し、「お問い合わせ」を選択して、「次へ」をクリックします。

【2019年版】Facebookページの作成方法_20

 

次にステップ2です。「Website Link」をクリックし、リンク先URLを入力します。

【2019年版】Facebookページの作成方法_21

【2019年版】Facebookページの作成方法_22

 

お問い合わせボタンができたことを確認し、完了ボタンをクリックします。

【2019年版】Facebookページの作成方法_23

 

3-3. タイムラインにいくつか投稿する

ここまで設定できたら公開しても良いのですが、訪問してくれた人がタイムラインに何も表示されないことでガッカリしないよう、いくつか投稿をしておきましょう。

予約、広報、集客、販売、ダウンロードなど、いろいろな目的があるにせよ、まず考えるべきは「ファンになってもらうこと、好きになってもらうこと」です。製品やサービスを持っているのであれば、きっと以下のような投稿はできるはず。いくつか投稿しておきましょう。

  • あなたのサービスが、どのような経緯で生まれたのか。
  • あなたのサービスには、どのようなこだわりがあるのか。
  • あなたのサービスは、どのような感動をもたらすのか。
  • あなたのサービスは、誰のためにあるのか。(閲覧者に「自分のことだ!」と思ってもらえるか。)
  • あなたのサービスは、どんな革新性があるのか。他と何が違うのか。

など。投稿できたら、忘れずに公開してくださいね!

 

4. まとめ

Facebookページの作成方法と初期設定を解説してきました。操作自体は難しくないので手順通り進めれば問題ないでしょう。パパっと終わらせて、時間を取るべきは「3-3、タイムラインにいくつか投稿する」です。

閲覧者の心をグッとつかまなければ、「いいね」ボタンをクリックし、継続的に情報を受け取ろうとは思いません。Facebookを介していますが、結局は人と人。あなたがどれだけ魅力的か(魅力的な投稿をできるか)が鍵なのです。

投稿の参考になるFacebookページをいくつか載せておきます。

土屋鞄製造所

ANA.Japan

東京ディズニーリゾート

Uniqlo

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

JR東日本

\参考になったらポチッとお願いします!/

-事業のはじめ方
-, , ,

© 2020 インターネットビジネスラボ