ブログを収益化する方法

【WordPress VS note(ノート)】はじめるならどっち?5つの項目で徹底比較!

こんな方に読んで欲しい!

  • note(ノート)とWordPressのどっちが稼げるのか知りたい
  • note(ノート)とWordPressにはどんな違いがあるのか知りたい
  • note(ノート)やWordPressでたくさん稼ぎたい
note(ノート)とWordPressって、どっちが稼げるの?どんな違いがあるの?

2020年5月には、月間アクティブユーザー(MAU)が6,300万を超えた「note(ノート)」

会員数も240万人を超え、企業での利用も1,600件を超えるなど、今、乗りに乗っているWebサービスが「note」です!

 

今回の記事では、

  • note(ノート)とは?
  • note(ノート)とWordPressの5つの違い
  • note(ノート)とWordPressのメリット・デメリット

など、「note(ノート)」と「WordPress」を徹底比較します!

1. note(ノート)とは?

note(ノート)は、「つくる、つながる、とどける」をコンセプトに、2014年から提供されているWebサービスです。

noteでできることは、

noteでできること

  • 自分の好きなことや伝えたいことを投稿する
  • 好きなクリエイターの記事を読んで、応援する
  • 同じ趣味や思いを持った人と、サークルでつながる

引用:noteの使い方、機能紹介

と紹介されています。

もう少し具体的に書くと、以下のような情報」や「作品」を投稿することができます。

  • テキスト投稿
    小説、記事を作成することができます。作成する点では、WordPressと変わりませんね。
    ただし、「2. note(ノート)とWordPressの違い」で解説しますが、有料販売することができる(つまり限定された方のみ閲覧できる)ので、かなり突っ込んだ内容を書いている方も多いです。
  • 画像投稿
    イラスト、マンガ、撮影した写真など、画像を投稿することができます。1枚で完結するものもあれば、数ページにわたるマンガを公開している人もいます。見始めると止まりません。
    (要件:1ファイル10MB以内、最大30枚、形式: JPG,PNG)
  • つぶやき投稿
    つぶやきは140字までのテキスト+画像を投稿することができます。Twitterと似ている投稿方法で、とても手軽に投稿することができます。
    (要件:140文字以内 + 10MB以内の画像 形式: JPG,PNG)
  • 音声投稿
    作成した音楽、自作のラジオ、自分の考え方など、「音声」として公開することができます。動画ではないので、編集も簡単。とても手軽に公開することができます。
    (要件:最大50MB、形式: MP3, AAC)
  • 動画投稿
    動画を投稿ができますが、直接投稿するのではなく、YouTubeもしくはVimeoに投稿した動画をnote(ノート)に貼り付けるイメージですね。
    (要件:YoutubeまたはVimeoのURLを貼り付け)

そして、これらを収益化(有料販売)することができる点が大きな特徴です。

この収益化(有料販売)については、「2. note(ノート)とWordPressの違い」で解説します。

 

2. note(ノート)とWordPressの違い

では、上記の「note(ノート)でできること」を踏まえて、note(ノート)とWordPressの違いを見てみましょう。

あなたがこれから情報発信をして(=記事を書いて)、それを収益化することを目指すのなら、「note(ノート)とWordPressのどちらが向いているのか?」という点を考えながら読んでみてください

 

note(ノート)とWordPressには、大きな分けて以下5つの違いがあります。

  • 収益を得る方法
  • デザインのカスタマイズ
  • 読者の流入(どうやってあなたの記事を見つけるのか?)
  • 維持管理などの費用
  • サービス(システム)の継続性

2-1. 収益を得る方法

2-1-1. WordPressで収益を得る方法

「WordPress」で得られる主な収入は「広告を表示する」ことによるものです。

 

この「WordPressを収益化する方法」は、読者がWordPressの運営者に対して直接お金を払うことはありません。

あなたは、あなたが得た知識や経験を記事として執筆し、それを読者に対して無料で提供することになります。

その読者の数パーセントが広告をクリックして商品やサービスなどを購入することで報酬が発生します。

2-1-2. note(ノート)で収益を得る方法

note(ノート)」で収入を得る方法は、「note(ノート)」に投稿した記事そのものを「有料販売」することがメインになります。

※アフィリエイトは、Amazonのみ可能です。A8.netと楽天アフィリエイトで検証しましたが、公開できませんでした。

 

上で紹介した「WordPress」とは異なり、有料記事は読むこと自体にお金が必要になります。

note(ノート)は、記事ごとに100円から10,000円の価格を設定でき、記事単体の販売だけではなくマガジン形式(複数の記事をまとめた形)で販売することも可能です。

記事の序盤は無料で読めるようにして、途中からは有料にすることもできます。

ここに注意!

お金を払わなければ記事は読めないので、内容が分からないままお金を払うことに抵抗がある人も多いです。

に設定した金額と内容が見合っていなければ評判が悪くなったり、別の記事を見てもらえなくなる可能性もあります。

 

2-2. デザインのカスタマイズ

2-2-1. WordPressのデザインカスタマイズ

WordPressは、特にWordPressで構築したWordPressは、自由にデザインをカスタマイズできます。

CSSなどの知識がなくても、テーマを変えることでデザインを簡単に変えられます。

CSSなどの知識があれば、より細かいデザイン(例えば、見出しなど)まで好きなだけカスタマイズできます。

2-2-2. note(ノート)のデザインカスタマイズ

note(ノート)の場合は、デザインのカスタマイズはできません。

文字位置を左寄せ、中央寄せ、右寄せに変更したり、太字に変更したりできる程度です。

これは筆者の想像ですが、あなたが書いた記事、あなたが紡いだ言葉に集中して欲しいという、サービス提供側の意図だと思います。

 

2-3. 読者の流入(どうやってあなたの記事を見つけるのか?)

ところで、そもそも読者は、どのようにして「あなたの書いた記事」にたどりつくのでしょうか?

  1. Google、Yahoo!などの検索エンジンキーワード検索からたどり着く
  2. Twitter、InstagramなどのSNSから移動してくる
  3. 他のWebサイトにあるリンク(URL)から飛んでくる
  4. URLを直接入力する
  5. その他

たどりつく方法としては、これら5つが考えられます。

 

「1. Google、Yahoo!などの検索エンジンのキーワード検索からたどり着く」については、圧倒的にnote(ノート)が有利です。

それは、ドメインがそもそも強い(ドメインパワーが強い)からです。

 

あなたがはじめるWordPressは、WordPressなどの場合、新たにドメインを取って運用をスタートすることになります。

新しいドメインは、検索結果の1ページ目に表示されるまでに、かなりの期間と努力を要します。

それは、ドメインの評価が低いことが理由の1つです。このドメインの評価を「ドメインパワー」と表現します。

ドメインパワーとは?

ドメインパワーは、

  • 運用されている期間(取得されてからの期間)
  • 継続的に更新されているかどうか
  • 被リンクの数

など、さまざまな情報から総合的に評価されます。

独自のアルゴリズム(ルール)で数値化できるWebサービスもありますので、興味があれば試してみてください。

note(ノート)のドメインは「note.com」です。

1995年に取得され、2019年2月に中古ドメインとしてnote(ノート)の運営会社が購入し、2019年11月に「note.mu」から「note.com」に移行しています。取得から数えると、25年が経過しているドメインです。

 

またnote(ノート)というサービスとしては、1日の平均投稿数が2.6万件!総投稿数は870万件!(2020年5月時点)

「note.com」ドメインとしての継続的な更新が2019年11月からだとしても、これだけの記事が継続的に投稿されていれば、それは強いはずです。

 

2. Twitter、InstagramなどのSNSから移動してくる
3. 他のWebサイトにあるリンク(URL)から飛んでくる
4. URLを直接入力する

については、WordPressもnote(ノート)も、大きな差は生まれません。

 

「5. その他」について、note(ノート)のトップページを見ると、

左側にはカテゴリーが並んでいますね。

画面上部には、「おすすめ」や「人気タグ」といったメニューも並んでいます。

こうしたところから、あなたの記事が目に留まり、読みに来てくれる可能性がありますので、この点はnote(ノート)が有利です。

 

2-4. 維持管理などの費用

WordPressの維持管理費について、独自ドメインとレンタルサーバーで年間1万円程度です。

有料のテーマを利用する場合は別途費用が発生しますが、ほとんどのテーマは買い切りのため、一度購入すればずっと利用できます。

 

一方、note(ノート)の場合は、基本的な機能はすべて無料で利用できます

月額500円でプレミアム会員になれば、以下のような機能を利用できます。

  • コンテンツの予約投稿機能
  • 有料コンテンツの上限価格アップ
  • 月額課金のマガジン発行
  • コメント欄のONOFF機能
  • 数量限定販売
  • Amazonウィジェット追加

比較としてプレミアム会員についても書きましたが、最初は無料の機能で十分です。

 

2-5. サービス(システム)の継続性

WordPressを利用する場合は、サーバー、ドメインを自分で準備することになります。

例えば、レンタルサーバーを借りていた会社がサービス提供をやめたとしても、他のレンタルサーバーにWordPressを引っ越しすれば、すべてを引き継ぐことができます。

さらに詳しく!

WordPressはアメリカのAutomattic社が管理しています。世界のwebサイトの約4分の1はWordPressと言われますので、簡単には開発を止めたりはしないでしょう。

世界中にユーザがいますので、仮にAutomattic社が開発を終了した場合も、他社もしくは有志が開発を続けるものと思います。

 

一方、note(ノート)というサービスは、サービス提供の継続可否、機能変更、記事の公開・削除に至るまで、全てnote株式会社に依存します。

もし仮に、Yahoo!ブログが2019年12月でサービス提供を終了したように、note(ノート)というサービスが終了するようなことになれば、積み上げてきたものが全て崩れることになります。

 

3. note(ノート)とWordPressのメリット・デメリット

note(ノート)とWordPressの違いを踏まえたうえで、メリット・デメリットを整理します。

3-1. note(ノート)のメリット・デメリット

<メリット>

  • 無料で利用可能
  • 記事を有料販売できる
  • 手軽に始められる
  • 操作が簡単
  • ドメインパワーが強い

 

<デメリット>

  • Google Adsense(アドセンス)を利用できない
  • アフィリエイトは、Amazonしか利用できない
  • デザインの変更ができない
  • サービス提供の継続可否、機能変更、記事の公開・削除に至るまで、全てnote株式会社に依存することになる

 

3-2. WordPressのメリット・デメリット

<メリット>

  • Google Adsense(アドセンス)を利用できる
  • アフィリエイト広告も自由に利用できる
  • デザインのカスタマイズが自由
  • Webサイトの内容、記事の公開などは、ほぼ自由

 

<デメリット>

  • 少額だが、維持管理費が必要
  • レンタルサーバー、ドメイン、WordPressのインストール、初期設定など、構築にハードルがある
  • 多機能な分、慣れるまで操作に戸惑うかもしれない

 

4. まとめ

この記事では、note(ノート)とWordPressの違い、メリット・デメリットをまとめました。

最大の違いは収益を得る方法です。

note(ノート)で収益を得る方法は、「自分が書いた記事を有料販売すること」がメインです。

あなたが書いた記事に価値がある(あるかもしれない)と判断されれば、お金を払ってでも記事を読んでくれるでしょう。

 

WordPressで収益を得る方法は、主に「広告を表示すること」によるものです。

Google Adsense(アドセンス)や、A8.netなどのアフィリエイトサービスを利用し、収益化します。

 

あなたはどちらが自分に向いていると感じましたか?

筆者としては、(私も含めて)無名の人が書いた記事を有料で購入する人は、割合としてかなり少ないと考えます

 

そのため、いきなりnote(ノート)で記事の有料販売を行うのではなく、

① WordPressでWebサイトを構築・運用する

② 記事を投稿したら、SNSで拡散する

③ 知名度がある程度上がった段階で、WordPressの内容とかぶらない記事をnote(ノート)に有料コンテンツとして投稿し、収益化する

の順で導入・運用することをおすすめします。

まずは、有料記事を買ってもらうための「土台」が必要なのです。

ここがポイント!

note(ノート)で収益化するためには、つまり有料記事を買ってもらうには、特に「② 記事を投稿したら、SNSで拡散する」を重視し、「あなたのファン」を作っておくことが肝心です。

あなたの知名度が上がれば、記事への信頼度も上がり、有料の記事だとしても購入されるでしょう。

\参考になったらポチッとお願いします!/

-ブログを収益化する方法
-, ,

© 2021 インターネットビジネスラボ