ブログを収益化する方法

【WordPress VS アメブロ】稼ぐならどっち?4つの違いを徹底解説!

2021年1月11日

こんな方に読んで欲しい!

  • アメブロで稼ぐ方法を知りたい
  • アメブロではどのくらい稼げるのか知りたい
  • ブログでたくさん稼ぎたい
アメーバブログでも稼げるの?アフィリエイトできるの?

 

ブログを収益化する方法は、

  • クリック課金型広告(Googleアドセンスなど)
  • 成果報酬型広告(A8.netなど)

の2つがメインです。

 

「WordPress以外のブログなどだと、収益化は難しいですか?」と聞かれることもあり、今回は

  • アメブロで稼ぐ方法
  • アメブロのAmeba Pickの使い方
  • アメブロとWordPressの4つの違い

について、徹底解説します!

\記事を読む前にクリックで応援してください!/

1. アメブロで稼ぐ方法とは?

Question

アメブロで稼ぐ方法は、アメブロが提供しているAmeba Pickを利用する方法のみです。

アメブロでは2018年12月からASP会社が提供しているアフィリエイト広告が利用できていましたが、2020年4月より利用できなくなっています

現在アメブロで稼ぐ方法はAmeba Pickというアフィリエイト広告を利用する方法のみです。

2. ブログで稼ぐ方法

さて、さきほども書きましたが、ブログで稼ぐ方法は、以下の2つがメインです。

  • クリック課金型広告(Googleアドセンスなど)
  • 成果報酬型広告(A8.netなど)

アメブロのAmeba Pickは、成果報酬型の広告です。

それぞれの「稼ぐ仕組み」を確認しておきましょう!

2-1. クリック報酬型広告

クリック報酬型の広告は、広告がクリックされるごとに報酬が発生するタイプの広告です。

代表的なクリック報酬型の広告は、Googleアドセンスですね。

広告がクリックされるだけで報酬が得られるので、報酬を得るまでのハードルが低い点が魅力です。その分、1回のクリックで得られる報酬が30円から100円程度と、報酬の低さがデメリットではあります。

Googleアドセンスから提供される広告コードを記事内に張り付けるだけで広告が表示されます。

 

さらに詳しく!

2-2. 成果報酬型広告

成果報酬型の広告は、記事を読んだ読者が、広告をクリックして商品やサービスを購入することで報酬が得られます

ASP会社が提供しているアフィリエイト広告の大半は成果報酬型の広告です。アメブロのAmeba Pickも成果報酬型広告に該当します。

報酬が得られる条件が「商品やサービスの購入」なので、クリック報酬型広告と比べると報酬が得られるまでのハードルが高いです。ただ、1回の報酬の単価が高い点が魅力です。

数百円から数千円、中には1万円以上の報酬が得られる広告もありますよ!

3. アメブロの「 Ameba Pick 」で稼ぐ方法

3-1. Ameba Pickとは?

Ameba Pickとは、アメブロ公式が提供するアフィリエイトサービスです。

多くのブログでも利用されているアフィリエイト広告は、A8.netやバリューコマース、もしもアフィリエイトなどのASP会社が提供しています。

アメブロ公式が提供するAmeba Pickでも同様に、アフィリエイト広告が利用できます。

3-2. Ameba Pick で利用できる広告の種類

Ameba Pickで最初から利用できるのは、以下の5つのWebサイトの広告です。

  1. Amazon
  2. 楽天市場
  3. ユニクロ
  4. au Wowma! ショッピングモール
  5. Yahoo!ショッピング

他にもたくさんのWebサイトが広告提供サイトとして参加していて、提携申請をすることで利用できる広告を増やすことができます。

一例を載せておきます。

  • titivate(20代・30代のレディースファッション・洋服通販)
  • ur’s(レディースファッション通販)
  • Pierrot(レディースファッション通販)
  • hulu(動画配信サービス)
  • 進研ゼミ(通信教育講座)
  • こどもちゃれんじ(通信教育講座)
  • ORBIS(化粧品・栄養補助食品・ボディウェアの通信販売)
  • KOSE(化粧品の製造、販売)

3-3. Ameba Pickの登録方法

Ameba Pickは、アメブロのIDがあれば簡単に登録できます。アメブロIDを持っていない場合は、先にアメブロでブログを開設しましょう。

登録は簡単な3ステップ。

 

まず、ログインした状態で管理画面を開いてください。管理画面から「Ameba Pick」のページを開き、「利用申請する」をクリックします。

 

登録しているメールアドレス宛に確認メールを送信します。通知を「受け付けない」に設定している場合は、「受け付ける」に変更して送信することになります。

 

登録したメールアドレスにメールが送信されます。

 

登録したメールアドレスに「本登録」用のメールが送信されますので、本文のURLをクリックして本登録を行います。

 

本登録では、「氏名」「住所」「生年月日」「電話番号」を入力する必要があります。入力したら、確認するボタンをクリックし、入力した内容を確認してください。

 

確認後、申請すると以下のように表示されます。

 

これで手続きは完了です。

審査には数日かかります。審査に通ればAmeba Pickが利用できるようになります。

3-4. 記事にアフィリエイトリンクを貼る方法

Ameba Pickは、アメブロのエディタから利用できます。

記事の広告を貼りたい場所で「Ameba Pick」というボタンを押すと利用できる広告の一覧が表示されます。

未提携と表示されている広告は、提携申請をおこなわないと利用できません。広告を選んで「Pick」というボタンを押せば、アフィリエイトリンクが貼られ、広告が表示されます。

とてもとても手軽に使える点は、かなり大きいメリットですね!

3-5. Ameba Pickの広告報酬について

アメブロに設置したAmeba Pickの広告で得られた報酬は、「ドットマネー」という独自のポイントで支払われます。

この「ドットマネー」は、以下のようなものに交換できます。

  • 銀行振込
  • アマゾンギフト券
  • iTunesギフト券
  • ナナコポイント
  • WAONポイント
  • JALマイル
  • ANAマイル
  • STOCK POINT(株式運用)

交換の手数料は無料です。

気を付けなければならないのは、ドットマネーには約6カ月の有効期限があることです。

せっかく取得した「ドットマネー」ですので、放置せずこまめに確認し交換するようにしましょう。

4. WordPress と アメブロ、4つの違い

「WordPress以外のブログなどだと、収益化は難しいですか?」と聞かれることがありますが、「WordPress以外のブログ」でも収益化できないわけではありません。

ただし、WordPress と アメブロ には以下の4つの違いがありますので、把握してからあなたなりの答えを考えましょう。

  1. 無料か有料か
  2. 利用できる広告の種類
  3. ブログの資産価値
  4. 検索エンジンからの流入

4-1. 無料か有料か

ブログが書けるサービスとしては、WordPress も アメブロ も無料で利用できます。

ただし、WordPress自体は無料で使えますが、ブログを作るためには独自ドメインとレンタルサーバーの費用が必要です。WordPressでブログを書く場合には、年間で約1万円が必要になります。

さらに詳しく!

4-2. 利用できる広告の種類

アメブロで利用できる広告は、Ameba Pickのみです。

WordPressでは、Google Adsense(アドセンス)、A8.netやバリューコマース、もしもアフィリエイトなどの有名なASPが提供するアフィリエイト広告が利用できます。

有名なASP会社と比べるとAmeba Pickで利用できる広告の選択肢が少ないです。

記事の内容に合わせた広告がない場合も考えられるので、稼ぎにくいと感じるかもしれません

4-3. ブログの資産価値

アメブロは、株式会社サイバーエージェントが提供するブログサービスです。

もしも、アメブロのサービスが終了すれば、ブログを書くことができなくなりますし、今まで書いた記事も全てなくなります

 

ブログサービスって無くなったりするの?

ブログサービスがなくなることは滅多にないだろうと思うかもしれません。

 

しかし、以下のように大手のサービスも終了しています。

  • Yahoo!が提供していたYahoo!ブログ : 2019年12月15日に終了
  • ヤプログ!byGMO : 2020年1月31日に終了

アメブロは国内最大手のブログサービスですが、10年後もサービスを継続しているかどうかは、誰にも分かりません

 

一方、WordPressブログは、自分で独自ドメインとレンタルサーバーを用意するので、サービスの終了を心配する必要はありません。

独自ドメインとレンタルサーバーの費用を払い続ける限りは、制限なくブログが書けるのでアメブロよりも資産価値があると言えます。

さらに詳しく!

「資産価値」という意味では、WebサイトのM&A(Mergers and Acquisitionsの略:直訳で「合併と買収」)の事例も増えています

アメブロは、第三者に譲渡することができない(制限されている)ため、M&Aはできません。

それに対し、魅力的なコンテンツを持ち、規模が大きい、WordPressで作成されたWebサイトなら、実際に数十万から数百万、場合によっては数千万以上で取引される場合もあります。

4-4. 検索エンジンからの流入

アメブロに書いた記事は、Googleなどの検索エンジンからの集客はほとんど期待できません

検索エンジンで実際に検索するとわかりますが、検索結果にはアメブロの記事が表示されることはほとんどありません

WordPressブログではさまざまなSEO対策をおこなえますが、アメブロでできるSEO対策は限られています。検索エンジンからの流入を期待するのであれば、WordPressブログの方が有利といえるでしょう

さらに詳しく!

5. まとめ

アメブロは、Ameba Pickというアフィリエイトサービスを利用すれば稼ぐことができます。

ただし、稼ぐことが目的の場合は、WordPressと比較すると制約が多いサービスです。

「趣味で記事を書きながら、たまに広告を見てもらって小遣い稼ぎ」という感覚で利用するくらいがちょうどよいと思います。ブログで本格的に稼ぐのであれば、WordPressを利用しましょう

\参考になったらポチッとお願いします!/

-ブログを収益化する方法
-, , , ,

© 2021 インターネットビジネスラボ