SEO(検索エンジン最適化)

設定値を全て公開!SEO初心者OK!「All in One SEO Pack」を徹底解説!

2020年5月21日

設定値を全て公開!SEO初心者OK!「All in One SEO Pack」を徹底解説!

こんな悩みはありませんか?

  • 「All in One SEO Pack」の使い方や設定方法を知りたい!
  • Googleの検索結果に、自分のWebページを上位表示させたい!
  • SEOはよくわからないけど、大事らしいのでなんとかしたい!
SEOが大事なことはわかるけど、何をどうすれば良いの・・・?

Webサイトやブログをはじめよう!と考えた時に、「SEO」という言葉を見聞きすることになります

「WebサイトのSEOは大事ですよ!」と言われても、何をどうしたらいいのかわからないですよね!

 

でも大丈夫!

あなたが今もし「SEO」について知識ゼロでも、WordPressのプラグイン「All in One SEO Pack」を使えばOKです。

今回の記事では、WordPressプラグイン「All in One SEO Pack」の導入方法と設定値を徹底解説します!

 

\記事を読む前にクリックで応援してください!/

1. SEOとは?

Question

SEOとは、「Search Engine Optimization」の頭文字をとったもので、日本語では「検索エンジン最適化」と訳されます。

簡単に言えば、「Google検索で、上位に表示させるために行うこと」です。

検索上位に表示されれば、ある程度の流入(Google検索から、読者が見に来ること)が期待できます。

さらに詳しく!

 

ちなみに、SEOはかなり奥が深いので、極めればそれだけで仕事ができます。

でも、あなたはSEOの専門家になるつもりはないですよね?

であれば、基本だけ理解して、あとはプラグインに任せればOKです!

 

1-1. SEOの基本の「き」

インターネットで「SEO」で検索すると、本当にたくさんの方法が紹介されています。

そうしたテクニカル(技術的)な方法ももちろん大事ですが、最も大切なことは、「ユーザーの役に立つコンテンツ(記事)を作ること」なんです。

 

さきほど「基本だけ理解して、あとはプラグインに任せればOK」と書きましたが、この「SEOの基本」は「ユーザーの役に立つコンテンツ(記事)を作ること」です。

 

これを忘れると、いつまでたっても上記表示されません

 

ユーザーの役に立つコンテンツ(記事)ってなんですか?

Googleは、ウェブサイトの品質をアルゴリズムで評価しています。具体的な評価方法は公開されませんが、「Googleの見解を確認できる」として、23の質問を公開しています。

  1. 記載されている情報は信頼できるものですか?
  2. この記事は、その分野をよく知る専門家または熱心な人によって書かれたものですか?
  3. 類似のトピックを扱った重複コンテンツはありませんか?
  4. クレジットカード情報を提供しても大丈夫ですか?
  5. 誤字脱字や文法ミス、事実上の誤りなどはありませんか?
  6. ユーザーの興味関心を最優先に考えていますか?それとも検索順位を最優先に考えていますか?
  7. 独自の情報、独自のレポート、独自の調査、または独自の分析を提供していますか?
  8. 検索結果の他のページと比較して十分な価値のあるコンテンツですか?
  9. コンテンツの品質管理は十分に行われていますか?
  10. どちらか一方に偏らず、多面的な視点や言い分について説明していますか?
  11. そのサイトはその分野について認められた権威ですか?
  12. 極端に大量生産されていたり、多くのライターに外注されていたり、大規模なネットワークに分散されていたりして、個々のページが目立たない状態になっていませんか?
  13. 記事は丁寧に編集されたものですか?それとも急いで雑に作られたものですか?
  14. 健康に関する分野であっても、その情報は信頼に値しますか?
  15. そのサイトの名前が引用元として示されたとき、信頼できる情報源として認識されますか?
  16. そのトピックについて、完全あるいは包括的な説明を提供していますか?
  17. 洞察に満ちた分析や、まだ明らかになっていない興味深い情報が含まれていますか?
  18. ブックマークしたい、友達と共有したい、誰かに推薦したいと思えるページですか?
  19. メインコンテンツの邪魔になる過剰な量の広告はありませんか?
  20. 雑誌・百科事典・本などでこの記事を見たいと思いますか?
  21. 短すぎて中身がないものになっていませんか?あるいは有益な詳細情報が欠けていませんか?
  22. 細部にまで細心の注意を払って作成されましたか?
  23. そのページを見たユーザーが不満を言うことはありませんか?

出典:質の高いサイトの作成方法についてのガイダンス(Google検索セントラルブログ)

これに全て「Yes」と答えるのは、ブログ初心者ではまず無理です。意味のわからない質問も多いでしょう。

 

わかりやすく簡単に書くのであれば、以下の4点にまとめられます。

  • 正しい情報が正しく(誤字脱字なく)書かれている
  • 専門的な内容が、深掘りされて書かれている
    ※知識・経験を元に書く方法もあれば、知らないことを調べて書く方法もありますね。初心者でも大丈夫。
  • オリジナルの内容が書かれている(コピペ、リライトではない)
  • セキュリティ面も配慮されている(SSLで運用されている)

これらはプラグインに任せることができません。

コンテンツ(記事)を作る時は、これらの点を頭に置いて作成しましょう!

 

1-2. テクニカル(技術的な)SEOの方法

WebサイトのSEOは、以下のような方法があります。

  1. 手作業でWordPressの内部プログラムを書き換える方法
  2. J-Queryと呼ばれる、JavaScriptライブラリをWebサイトに導入する方法
  3. SEO対策の機能があるWordPressテーマを導入する方法
  4. 「All in One SEO Pack」のようなWordPressプラグインを使う方法

答えは1つではありません。

その中から、今回はWordPressプラグイン「All in One SEO Pack」を使う4番目の方法を解説します。

 

2. 「All in One SEO Pack」のメリット

「All in One SEO Pack」は、検索結果の上位にWebサイトを表示させるために、Googleを意識してWebページを作成することができるプラグインです。

SEOに関する専門的な知識がなくても、項目に沿って入力することでプラグインが自動的に設定してくれる点が大きなメリットです。

ここに注意!

「All in One SEO Pack」をインストールしただけだと、効果を100%発揮できません。

このまま読み進めていただき、一緒に設定まで行ってください!

 

3. 「All in One SEO Pack」の導入方法

「All in One SEO Pack」は、WordPress公式プラグインなので、WordPress管理画面>プラグイン>新規追加 から簡単にインストールできます。

 

右側のキーワード検索テキストボックスで「All in One SEO Pack」と検索します。

1番目にヒットしますので、「今すぐインストール」をクリックし、有効化します。

インストール済みプラグイン一覧に「All in One SEO Pack」 が表示されていればインストール完了です。

 

4. 「All in One SEO Pack」プラグインの設定方法

「All in One SEO Pack」のメニュー構成は、以下のとおりです。

  • 一般設定・・・このプラグインのメインの設定項目
  • パフォーマンス ・・・ プラグインの動作状況を確認
  • XMLサイトマップ ・・・ 検索のインデックスに使用するサイトマップの設定
  • 機能管理 ・・・ 「All in One SEO Pack」の追加プラグイン一覧
  • About US ・・・ 製作者の挨拶や、関連製品の紹介
  • Proへアップグレード ・・・ Pro版の販売ページへのリンク

WordPressプラグインの中には、初めから細かい設定をしなければ動作しないものがあります。

実は、この「All in One SEO Pack」もその1つです。

「All in One SEO Pack」の設定項目は多いですが、しっかりとやらないと機能しません

ここがポイント!

これから解説するのは「All in One SEO Pack」の推奨設定です。

言葉の意味が分からなくても、ひとまずこの設定の通りにしておけばプラグインは効果的に動作します。

慣れて、内容を理解したら独自の設定に変更してもOKです。

 

4-1. 一般設定

WordPressの初期設定と同じ項目も出てきますが、「All in One SEO Pack」の設定が優先されます。

 

4-1-1.一般設定

この項目は、初期設定のままで問題ありません。

  • カノニカル URL ・・・ ON
  • Canonical URL をページ送りしない ・・・ OFF
  • デフォルトのタイトルを利用する ・・・ 無効
  • 重要なイベントを記録する ・・・ OFF

 

4-1-2. ホームページ設定

  • ホームタイトル ・・・ 検索結果に表示されるWebサイトのタイトルを入力
  • ホームディスクリプション ・・・ タイトルと同じくWebサイトの説明文を入力
  • 固定フロントページを代用 ・・・ 無効

ホームタイトルには、あなたのWebサイト名をそのまま記入すれば大丈夫です。

Webサイト名が英語の場合は、タイトルの後ろに日本語でタイトルの意味を付け加えるとわかりやすくなります。

ホームディスクリプションには、あなたが運営するWebサイトの特徴がわかるような説明を記入してください。

ホームタイトルとホームディスクリプションには、Webサイト全体の内容に関連する具体的なキーワードを入れるようにします。

例えば、実店舗を持っている仕事に関するWebサイトなら、その店舗の所在地をキーワードとしてディスクリプションに入れるのも効果的です。

 

4-1-3. タイトル設定

この項目は、初期設定のままで問題ありません。

 

4-1-4. コンテンツタイプ設定

コンテンツタイプ設定は、初期設定のまま「投稿」「固定ページ」の2つにチェックが入っていれば問題ありません。

 

4-1-5. 表示設定

表示設定も、初期設定のまま「投稿」「固定ページ」の2つにチェックが入っていれば問題ありません。

 

4-1-6. ウェブマスター認証

ウェブマスター認証は、本来「Webサイトに所有権を確認するファイルをアップロードする」か「認証用のコードをWebサイトのhead部分に記入する」必要がありますが、このプラグインでは、テキストボックスに認証用のコードを入力すれば完了します。

 

5つの検索エンジン用のテキストボックスが用意されていますが、最も重要なのは「Google Search Console」です

「Bing Webmaster Tools」は、余裕があれば登録しておけば損はありませんが、そのほかはそれほど重要ではありませんので登録しなくても大丈夫です。

 

4-1-7. Googleアナリティクス

当サイトでもWordPressのheader.phpを編集してWebサイトをGoogleアナリティクスに登録する方法を紹介していますが、このプラグインでは①「GoogleアナリティクスID」にトラッキングIDを入力するだけで登録が完了します。

トラッキングIDの確認方法はこちらの記事を参考にしてみてください!

③「トラッキングからユーザーを除外する」では、トラッキングを除外するユーザーを設定できますので、このサイトの関係者に当たる項目すべてにチェックを入れることで、正確な訪問者のデータをGoogleアナリティクスに送信できます。

Googleアナリティクスの項目でチェックする項目は下記のとおりです。

①アナリティクスID ・・・ トラッキングIDを入力
②高度な分析オプション ・・・ 有効
③トラッキングからユーザーを除外する ・・・ すべてにチェック

 

4-1-8. Schema Settings

この項目は、初期設定のままで問題ありません。

 

4-1-9. Noindex 設定

Noindex 設定とは、Google検索に登録されないようにする設定です

Google検索にインデックスされたページを削除したり、内容の大幅な変更を頻繁にしたりすると、Googleからスパム記事と判断されサイト全体の評価が下がってしまいます。

Googleにインデックスしてほしいページ以外をNoindexにしておけば心配ありませんので、画像の赤枠で囲われた「投稿」「固定ページ」「カテゴリー」以外すべてにチェックしておきます。

 

4-1-10. 詳細設定

この項目は、初期設定のままで問題ありません。

 

4-1-11. キーワード設定

キーワード設定の初期設定は、無効になっていますが、有効に変更します。

 

4-2. XMLサイトマップ

XMLサイトマップは「All in One SEO Pack」の追加プラグインの1つですが、初期状態から有効化されていますので、この設定も解説しておきます。

XMLサイトマップは、サイト内の投稿や固定ページの記事がどのように構成されているかをGoogleに対してわかりやすくまとめたものです

人間が見ても意味を理解するのは難しいですが、コンピューターにとって理解されやすい内容を自動で作ります。

新しく記事を投稿したときなどは、更新されたサイトマップをGoogleへ自動で送信するので、サイトマップがあるとGoogleが記事を発見しやすくなります。

 

4-2-1. XMLサイトマップの変更箇所

XMLサイトマップの変更箇所は、タクソノミーの項目で「すべてのタクソノミー」「タグ」2つのチェックを外しておきます。

そのほかは変更しなくてもよいので、1番下にあるボタン「サイトマップを更新」をクリックして設定を反映させます。

 

5. 「All in One SEO Pack」プラグインの注意事項

重複した機能を持ったテーマとプラグインを同時に使うと、深刻なトラブルに発展することがあります。

「All in One SEO Pack」などのSEO系のプラグインは、WordPressのタイトルや抜粋などをメタタグと呼ばれる、「検索エンジンで読みやすい内容」に置き換えます

この機能が重複すると、意図しない内容にメタタグが書き換えられてしまいますが、内容が専門的であるため確認するのが難しく、サイト管理者がエラーと気づくのにかなりの時間がかかります。

ここに注意!

SEO対策を得意としているテーマを利用している場合は、機能の重複に十分注意するか「All in One SEO Pack」プラグインを使わないことをおすすめします。

 

6. まとめ

SEOは、本当に奥が深い。これを極めれば、それだけで仕事になります。

でもあなたがすべきは、SEOを極めることではありません。質の高いコンテンツ(記事)を公開し、集客したり、収益化したりすることですよね

 

SEOの基本である「ユーザーの役に立つコンテンツ(記事)を作ること」はしっかり理解してコンテンツ(記事)を作成することはもちろんですが、テクニカル(技術的)な点はプラグインに任せてしまいましょう!

当サイトで公開している設定内容と同じにすれば、プラグイン「All in One SEO Pack」の設定は最低限完了しますので、ぜひ参考にしてください。

\参考になったらポチッとお願いします!/

-SEO(検索エンジン最適化)
-

© 2021 インターネットビジネスラボ